0523
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

新田恵利が明かす、おニャン子クラブ時代の彼氏事情と引退後の“1億円オファー”秘話

SNSでの感想
現在は、個人事務所で活動する新田恵利。この日はひとりで取材現場に現れた
目次
  • 当時の彼氏とはデビュー後も交際を継続
  • 1億円でヘアヌード写真集を打診されて
  • ソロデビュー35周年を迎えて

「ファンが実家に忍び込んで服や写真など私物を盗むし、すぐに辞めたいと思うようになりましたね」

 ‘85年、フジテレビ系で放送されていた人気番組『夕やけニャンニャン』から誕生したアイドルグループ・おニャン子クラブのメンバーとして活躍した新田恵利

「『オールナイトフジ』という深夜番組で女子高生の出演者を募集していて、懸賞感覚で応募したのがデビューのきっかけです。その番組に何度か出演したあと、新しい番組でアシスタントとして出演しない? と声をかけられて。当時の番組アシスタントって、懸賞の商品をワゴンで運ぶぐらいだったので、それぐらいなら私でもできるかなと」

当時の彼氏とはデビュー後も交際を継続

 “ちょっと気になる可愛い同級生”というコンセプトでスタートしたおニャン子クラブ。その身近さが受けて、一躍、国民的アイドルになる。

レッスンらしいレッスンも受けないままレコードを発売することになったので、アイドルになったという感覚はなかったですね。当時は事務所にも所属していなかったので学校が終わるとひとりでテレビ局に向かっていましたし。収録後は取材を受けて、数時間だけ寝て学校に行って……と、目の前のお仕事をこなすだけで精いっぱいでした」

 人気が出るにつれて、私生活ではこんな弊害が。

「当時は個人情報も筒抜けだったので、実家近くにある広い駐車場にファンの人たちがたまるようになってしまって……。番組のギャラが1回5000円だったのですが、私物は盗まれるし、いま思うと稼いだ額より失ったほうが多い気が(笑)。父が亡くなった直後だったのですが、父の遺骨のある部屋から忍び込まれ……というのがいちばんつらかったです。

 なかじ(中島美春)と一緒に辞めようと思っていた矢先、初期メンバーの数人が喫煙写真を撮られ、辞めることに。その直後、私となかじが曲のメインボーカルを務めることになり、辞めるタイミングを失ったという感じですね

 メインボーカルを務めたデビュー曲『セーラー服を脱がさないで』は大ヒット。しかし、こんな困ったことも。

「私のパートに“バージンじゃつまらない”という歌詞があったのですが、私はそんなことはないのに! って。当時は恥ずかしくて、親の目を見られなかったです(笑)」

 一方で、デビュー前から付き合っていた彼氏とは交際を続けていた。

「オーディションを受ける前から交際していたから、デビューしたから別れろと言われても困りますよね。取材で“彼氏はいるの”と聞かれたときは、ウソをつくのもイヤだったので、“今(この場に)はいません”とごまかしていました(笑)。

 でも本当に健全な交際で、デートも日帰りで遊園地に行くぐらい。1度、週刊誌にデート風景を撮られたのですが、それも実家の近くを自転車で2人乗りしている……というほのぼのとしたものでしたから。自分たちがアイドルだという意識はなかったから、彼氏のいるメンバーはほかにもいましたよ

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0