0528
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

柄本佑はイケメンにもヒモメンにもなれる!父親になって“鍛えられたこと”とは

SNSでの感想
柄本佑 撮影/廣瀬靖士
目次
  • 痛みは我慢するほう義父とは特別感なし
  • 妻&娘とのリセット周辺視野が広がった

「尊敬する監督から(出演の)声をかけられたら、題材や役柄が何であろうと参加したいです」

 映画『痛くない死に方』(2月20日公開)に主演する柄本佑は、作品選びの条件で明確なのは監督だという。

 本作の高橋伴明監督とは2回目の仕事。在宅医療のスペシャリストで在宅医の長尾和宏さんの原作をモチーフに映画化された、在宅医と患者とその家族の物語。柄本が演じる主人公は、在宅医療に矛盾や葛藤を抱えながら日々邁進するなかで、先輩在宅医や患者との出会いによって変わってゆき、人生の最期を全うするとは何かを問いかけている作品になっている。

痛みは我慢するほう
義父とは特別感なし

 役作りでは原作者の長尾さんの往診に同行し、参考にした。

「長尾先生は普段着で一見お医者さんに見えない。白衣を着ないのは、医者が自宅に来ることが患者さんや家族を萎縮させる。言いたいことも言えない、聞きたいことも聞けないというストレスや緊張をさせないためだそうです。

 ドクターバッグも持たず、聴診器片手に近所の気のいいおじさんが遊びに来たくらいの感じでお邪魔する。世間話をしながら血圧を測ったり、聴診器を当てたり、その流れが見事でした。長尾先生の精神、哲学を聞き見て体験できて、よかった。あと患者さんの身体を支える意味で必ずどこかを触っておられて、役に反映しました

 多くの人が直面する終末医療を「病院」か「在宅」か。延命を「する」か「しない」か。死に方を選ぶことは簡単ではない。

「長尾先生みたいな方がいて考え方もある。僕自身は具体的な考えには至ってはいないけど、作品を通して知ることができ、選択肢が増えたことはよかったかなと思います」

 タイトルにある「痛み」については?

わりと我慢しちゃうかも。精神的な痛みでは汲々としたりせずに、どちらかというとゆったりしているので何があっても気にしない。感情の起伏があまりないとは言われます

 先輩在宅医を演じているのは、義父でもある奥田瑛二。

「奥田さんとはこれまでも共演していますし、奥田さんの監督作品(『今日子と修一の場合』)にも出演しているので特別なことはないです。(撮影現場では)映画と関係のない話ばかりで、覚えていないくらいどうでもいい内容です(笑)

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0