0926
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

20周年の『花*花』が明かす“黒kiroro”を名乗ったワケ「癒すつもりなかった」

SNSでの感想
『花*花』写真左・こじまいづみ、右・おのまきこ。ともに兵庫県出身。こじまは京都、おのは大阪在住
目次
  • 当時は“品プリ”に住んでいた
  • 10周年で「そろそろやる?」
  • ファンがいる限りは音楽を続けたい

 地元の兵庫県の児童合唱団で出会い、2000年に『あ~よかった』でメジャーデビューするや、同年のNHK紅白歌合戦にも出場した女性デュオの『花*花』。約6年の活動休止を経て、2009年に活動を再開した彼女たちが20年間の知られざるエピソードを明かしてくれた。

 2000年のメジャーデビュー曲『あ~よかった(setagaya mix)』が50万枚を超えるヒットとなり、一躍人気アーティストの仲間入りを果たした女性デュオの『花*花』。2人の出会いは、地元の兵庫県高砂児童合唱団だった。

おのまきこ(以下おの)「100人ぐらい所属していたので、当時は面識がある程度で。その後、音楽の専門学校の入学式で再会したとき、私はうっすらと記憶があったので声をかけたところ、彼女はまったく記憶がなくて」

こじまいづみ(以下こじま)「私は10歳からこの顔なので、覚えてくれていたみたいです(笑)」

おの「児童合唱団のころの写真を見返したところ、隣で歌っていましたね」

 専門学校ではこじまがボーカル、おのがジャズピアノを専攻。こじまが歌うときに、おのが伴奏をしたのがきっかけで一緒に活動をするように。

おのオリジナルの曲も作るようになったのですが、専門学校の先生が“ライブハウスに出てみたら?”と紹介してくれて。そのときに、たまたま別のアーティストを目的に見に来ていたインディーズ時代のレーベルの方に声をかけられ、CDを発売することになりました」

こじま自分たちからデモテープを送ったり、オーディションを受けたことはないので、ぬるっと活動をスタートさせた感じですね

おの実は“一緒に組もう”という話を1度もせずにここまで来てしまったんです(笑)

当時は“品プリ”に住んでいた

 インディーズで発売した『あ~よかった』が大阪のラジオ局FM802の番組から火がつき、それを聞いたレコード会社からスカウトされ、メジャーデビュー。

おのもともと友人の結婚式用に作った曲なんです。CDになるとも思っていなかったので、“この曲でいいんですか”って感じで(笑)。予備知識がないままデビューし、言われるがままにお仕事をしていたので、社会科見学のような毎日でした」

こじま「当時から関西在住だったのですが、帰る暇がなくなって、ほぼ品川プリンスホテルに住んでいる状態でしたね。あまりにも毎日泊まっているので、フロントを通るとホテルの方に“おかえりなさい”と言われていました

おの「もうホテルの部屋に表札を出そうかって話すぐらい泊まっていたよね(笑)」

 セカンドシングル『さよなら 大好きな人』は、田村正和主演のドラマ『オヤジぃ。』(TBS系)の主題歌に起用され、53万枚の大ヒットに。同年の『紅白歌合戦』にも出場を果たす。

おの「おばあちゃんなど親戚一同が喜んでくれましたね。でも私たち自身は何も変わらなかったです」

こじま「2人で音楽をするのが楽しいから続けているだけで、紅白に出場するのが目標ではなかったので」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0