0527
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

斎藤工、ドラマ『漂着者』の“全裸クランク・イン”は「作品への心意気」

SNSでの感想
斎藤工 撮影/伊藤和幸 
目次
  • 全裸でのクランク・イン
  • セクシーキャラは大きなフリになった
  • もうすぐ迎える40歳、どんな展望を?

 新潟の海岸に全裸漂着したイケメン(斎藤工)。記憶はなく、発した言葉は“勝者には何もやるな”。見つけた女子高生たちにヘミングウェイと命名され、撮られた動画はバズりまくり。そして彼が描いた風景は、連続幼女殺人事件の現場に酷似。ネットでは予知能力者だと大騒ぎに。すると新聞記者の新谷詠美(白石麻衣)だけでなく、公安までもが彼をマーク。ヘミングウェイは一体、何者なのか?  そして、死の連鎖は止まるのか?

「今夏いちばんの、謎が謎を呼ぶドラマです」

 とは、斎藤工。連ドラの主演は、意外なことに約4年ぶりだ。

全裸でのクランク・イン

僕は、ちょっと飛び道具的な出方をさせていただくというか、作品のエッセンスになるのが性分だと思っていまして。前クールで言えば『大豆田とわ子と三人の元夫』の船長のような。サブスクリプションだったり、そういう時代のうねりの中、テレビ朝日さんの代表的な金曜ナイトドラマ枠での主人公なんて“僕の器なのかな”という不安はありました

 自分はそんなタマじゃないと謙遜するが、プロット(筋書き)段階で“全裸漂着”というワードはあったという。クランク・インは、まさにそのシーン。海パンも用意されたが、それを断り“ノー海パン”で撮影に挑んだ。

「全裸での登場といえば、『ターミネーター』のシュワルツェネッガーか、斎藤工かという(笑)。海面に伏せていると、僕の身体の節々の溝をヤドカリがむしばんでいく。ヤドカリの宿になりかけました(笑)。クランク・インはこれからの約3か月、一緒にやっていくスタッフさんたちが“この人をどうやって撮っていくか?”を決定づける日。何か少しでも、この作品への心意気をお届けできたら、という全裸でした

 全裸をお茶の間に披露するからには、入念なる準備を?

「ヘミングウェイは、ある程度の距離を泳いできた人。そんな筋肉疲労がわかる身体であるべきだと思って。なるべく水中にいようと、泳いでいました」

 撮影の2か月前から、可能な限りプールへ。約30分をかけて1キロを泳ぐように心がけた。

「身体の一部にマシンで負荷をかけるようなことは絶対にしたくなかった。あとは、ぶら下がり健康器にぶら下がったりしてました」

 まさか、昭和が薫るあの健康器具を!?

そうそう、それです。それしかしてないっていう窪田正孝が、すごく美しい身体をしているので。なんか“自重”っていいなと思って。僕、昔から逆立ちは日課にしていて。自分の体重によって、体調も掌握できる気がして。文明の初期段階でもできるような運動ですよね。泳ぐこともそうですけど、ぶら下がったり、逆さになったり。なんか、太古の記憶がよみがえるというか

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0