1002
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

長澤まさみ主演映画で再注目《17歳祖父母殺害》元刑事が、逮捕当時の母子を語る

SNSでの感想
佐々木成三さん 撮影/山田智絵
目次
  • 壮絶で劣悪な少年の家庭環境
  • “すべて息子がやった”と話す母親に思わず……
  • 子どもには「多くの判断力や想像力を」

 17歳の少年が祖父母を殺害した−−。

 埼玉県・川口市で実際に起きた事件から着想を得て作られた長澤まさみ主演の映画『MOTHERマザー』(公開中)。身内からも絶縁され孤立し、男たちと行きずりの関係を繰り返してその場しのぎの生活をするシングルマザーの秋子(長澤まさみ)と、息子の周平(奥平大兼)。母と息子の間に生まれた歪んだ愛による“絆”と親子の“闇”が描かれている。この事件を捜査段階から担当していた元刑事・佐々木成三さんは、公開後すぐに映画を鑑賞し、胸を打たれたという。実際の事件の元少年と母親の素顔、またこのような事件を未然に防ぐためには何ができるのか、話を聞いた。

私は母親の取調官をしていました。逮捕から起訴されて拘置所に送られるまで、毎日のように会っていたんです。元少年にも数回会っていて、映画で奥平さんが演じていた周平の表情のひとつひとつが、元少年を彷彿とさせるので、驚きました。周平がスクリーンに出てきてから涙が止まらなかったです」 

 埼玉警察本部刑事部捜査第一課に10年間勤務し、この映画のテーマとなった事件の捜査に深く関わっていた佐々木成三さん。当時の少年と母親の様子を知る元刑事だ。

壮絶で劣悪な
少年の家庭環境

 17歳の少年が祖父母を殺害するまでの親子関係の過程が描かれた今作を見て、「この事件は本当に“タラレバ”が多い事件でした」「私たち大人がどこかで気づき、どのように手を差し伸べてあげればよかったのか、改めて強く考えさせられました」と話す。

 少年には住所がなく、学校にも通っていない。まだ幼かった少年を1人アパートに残し、男のもとへ遊びに出かけた母親が数週間、家に帰ってこないこともあった。そこに住めなくなると夜逃げ同然でアパートを飛び出し、ラブホテルを転々とする日々。せっかく手に入った金も、母親のパチンコ代やその日の宿泊費に消えていくという繰り返しだ。

 捜査する中で見えてきた母親と少年の生活、その家庭環境は劣悪だった。

「早い段階から母親と少年が、犯罪に関与している重要参考人として浮上していました。私は現場の状況から少年を凶悪犯と感じていましたが、少年の育った環境を知ると、そうではないことがわかってきました。しかも少年には幼い妹もいて、彼が親のように妹の面倒を見ていたこともわかったんです

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0