1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
渡辺高嗣「続報のないニュース」

命を奪う殺人や大事故、社会的関心の高い子どもの虐待死などは、その背景にまで踏み込んだ続報であふれている。しかし、日々新たに発生するニュースに呑み込まれてほとんど続報されない事件も……。そんな、ちょっと気になっていた“あの事件”を独自に追う。

渡辺高嗣「続報のないニュース」

《東京・足立区》76歳母親をやけど虐待した息子の“親孝行無縁”生活

SNSでの感想
事件現場となった母子宅(左手)には、竹春容疑者が着ていたとみられる黒色の上着が干したままで
目次
  • アイドルの写真集を処分していた

「あの母子の部屋からは、ケンカする声も何かを投げつけるような物音も聞こえたことはない。母子とも静かに生活していたので虐待があったなんて驚いた」

 と容疑者宅近くの女性住民は話す。

 実の母親(76)にやけどを負わせたとする傷害の疑いで6月24日に警視庁に逮捕された会社員・松井竹春容疑者(54)は、築30年近い木造アパートで母親と2人で暮らしていた。住宅街が広がる東京都足立区西新井本町の一角にあり、2DKで家賃は約7万円弱。

 冒頭の女性住民によれば「母子は少なくとも10年ぐらいはあの部屋に住んでいるが、過去に目立ったトラブルはなかった」といい、部屋は常に静かだった。

 その部屋で今年3月上旬、母親の両足のひざから下にあたる下腿(かたい)部に全治約3か月のやけどを負わせたのが竹春容疑者だ。

「3月末になってから“母親が動かなくなった”と自ら119番通報したのが逮捕のきっかけ。搬送先の病院が診察したところ、母親の足には10か所以上のやけど痕があり、最も大きな傷は直径約10センチにもおよぶものだった。また背中には床擦れができていて、しばらく寝たきりにさせられていたことがうかがえた。どのような凶器と方法でやけどを負わせたかは捜査中だが、歩いたり立ち上がったりできないように足を狙って虐待を繰り返し、介護放棄していた可能性がある」(全国紙社会部記者)

 病院が通報して事件は明るみに出た。

 しかし、竹春容疑者は、

「母親が自分でやったと思う」

 と容疑を認めていない。

 なぜ、母親は足をやけどさせられたのか。

 同じアパートの住人は、直近の様子についてこんな話をする。

「今年2月ごろの日中、おばあちゃん(母親)が急に訪ねてきたんです。いきなり“前にこの部屋に住んでいた人の連絡先を知ってるでしょ! 教えてよ!”と言う。前の住人とは入れ違いだから面識があるはずもないし、そう説明したんですが、少し怒りながら話すなど様子がおかしかった。かわいらしいおばあちゃんだったのに、あれっ、どうしたんだろうと思って」

 複数の近隣住民によると、「母親は認知症を患ったのではないか」という。

 もともとは温厚で気遣いのできる女性だった。アパートの廊下など共用部分をいつも自発的に掃き掃除し、外出先で会うと「いまから×××に行くの」などとにっこり笑った。家族旅行のちょっとした手土産をわたすと、翌日にはお返しの菓子折りを持ってきた。母親自身は旅行にいけていなかったようで、近隣で手土産をもらった住民はいない。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0