1130
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
渡辺高嗣「続報のないニュース」

命を奪う殺人や大事故、社会的関心の高い子どもの虐待死などは、その背景にまで踏み込んだ続報であふれている。しかし、日々新たに発生するニュースに呑み込まれてほとんど続報されない事件も……。そんな、ちょっと気になっていた“あの事件”を独自に追う。

渡辺高嗣「続報のないニュース」

《東京・青梅》隣の視覚障害女性宅に強盗! 逮捕までの1か月と超絶クレーマー素顔

SNSでの感想
外部からの不審人物の侵入は録画されていなかった
目次
  • 彼の周囲ではもめ事が多かった
  • コロナで追い込まれたんでしょうよ

「事件発生直後からマンションの住人が犯人だろうと思っていました。入り口はオートロック式なので、外部の人が建物内に入るには住人のだれかにロックを解除してもらうか、塀を乗り越えるしかない。防犯カメラも2台あります。金目当てならば狙いにくいマンションのはずですから」

 と現場マンションに住む男性は話す。

 事件があったのは2月14日、日曜日の午後3時ごろのことだった。

 東京都青梅市のマンションで、ひとり暮らしをする目の不自由な70代女性Aさん宅の玄関チャイムが鳴った。

 男の声で「××です」と実在する住人の名字を言うのでカギを開けると、いきなり頭からジャンパーのようなものをかぶせられ、羽交い締めにされた。

「金はどこだ」

 男は××さんではなく、強盗だった。

「室内に押し入った男はAさんの両手足などを粘着テープで縛り、現金約4万円とキャッシュカード2枚を奪った。カードの暗証番号を聞き出すと“警察に言うな。人に言ったら、他の者がきて殺されるぞ”などと仲間がいるようにみせかけて脅し、近くのスーパーのATM(現金自動預け払い機)で金を引き出すため部屋を出ていった」(全国紙社会部記者)

 男は約1時間後、Aさんの部屋に舞い戻ってきてこう言った。

「暗証番号が違うじゃねえか」

 1円も引き出せなかったキャッシュカード2枚を置いていったという。

「自力で粘着テープをほどいたAさんは親族に連絡し、この親族から110番通報があって捜査は始まった。Aさん宅のインターホンの録画記録には犯行当日のぶんだけがなく、犯人によって消去されたとみられた。マンションの防犯カメラには不審な人物が出入りする様子が映っていなかった。捜査当局は、初動からまもなく、マンション住人による犯行の可能性が高いとみて慎重に捜査を進めてきた」(前出の記者)

 事件から約1か月経過した3月25日、警視庁捜査1課は、住居侵入と強盗の疑いでAさん宅の隣に住む職業不詳・小山貴之(よしゆき、61歳)容疑者を逮捕。警視庁によると、容疑について「間違いありません。住宅ローンのお金が足りなくて必要でした」と認めている。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0