1130
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ルポ

緊急事態宣言の夜、秋葉原で消灯の街角に立つメイドさん「暗いのでちょっと怖い」

SNSでの感想
銀座4丁目交差点は思いのほか明るく(4月25日午後8時すぎ)
目次
  • 〈銀座〉東日本大震災の直後とは違う光景
  • 〈秋葉原〉控えめに“営業中”をアピール

 3度目の緊急事態宣言が発出された東京都。小池都知事は夜間の人出を少しでも減らそうと、街灯をのぞくネオンサインなどを午後8時以降は消灯してほしいと呼びかけたが──。

 宣言初日の25日(日曜)。夜を待って、JR東京駅から隣の有楽町駅まで歩く。午後7時すぎ、東京駅周辺はオフィス街のため多くのビルが消灯して暗く、人通りもほとんどない。有楽町駅に近づくにしたがって街は明るくなり、街ゆく人も増える。

緊急事態宣言前の日曜日に比べると、日中の人出ははるかに少なかった。ブランドショップの路面店などいくつか営業しているところはあるが、デパートは食料品売り場などを除き、ほぼ休業だから銀座まで来る理由がない。当然こうなるでしょ

 歩道脇に座っていた50代男性はそう話す。銀座の飲食店で働いているという。

〈銀座〉東日本大震災の直後とは違う光景

 午後8時すぎ、銀座4丁目交差点に到着。銀座のシンボル「和光」の時計塔のはす向かいには新聞社のカメラマンらが10人以上いた。その中に交じってカメラのシャッターを切っていると、

「すみません、何を撮っているんですか」

 と通行人の男性。

「街の様子を撮ってるんですよ」

 とだけ答えた。男性は明らかに納得していない様子だった。

 通行人からすれば、不思議な光景なのだろう。交差点の角にカメラマンが集まり、和光に向けてさかんにシャッターを切っている。赤信号になって車の流れが止まるとパシャパシャパシャ。しかし、カメラの先に目をこらしてみても、そこには和光しかない。

「すみません、みなさん何を撮っているんですか」

 まただ。今度は大学生ぐらいの息子と母親。

 小池百合子都知事が緊急事態宣言下で消灯を求めている街が実際に暗くなっているかどうか、象徴的な場所を確認して写真に撮っていると説明すると、母子は「なるほど」と納得した様子だった。

 短時間で2組から声をかけられたのは、おそらく街の消灯の度合いが中途半端だったからではないか。

 和光は建物全体のライトアップをやめていたが時計部分は点灯しており、周辺の街もそれなりに明るいままだった。少なくとも東日本大震災の直後、節電のため街じゅうの明かりが消えたときとは異なるレベル。もし、この夜も真っ暗だったら通行人もすぐにピンときたはずだ。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0