0526
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
人間関係

「わかる、わかる!」を連呼していない?相手を傷つける“うっかり言葉”の言い換え方

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • “余計なひと言”を愛される表現に変える!
  • ほどよい距離感でいい関係を【友人編】
  • 遠回しな表現が誤解を招く【職場編】
  • 気遣いに欠ける言葉を使いがち【夫編】
  • 無遠慮な発言がトラブルに【親子編】

 悪気なく使った言葉で、相手にムッとされたり、雰囲気が悪くなった……なんて経験ありませんか?人間関係をこじらせないために、失礼な言い回しと好感をもたれる言い換えワードをチェックして!

“余計なひと言”を愛される表現に変える!

 いま、“失礼なひと言”を“好感のもてる言い方”に変える実例を紹介する『よけいなひと言を好かれるセリフに変える 言いかえ図鑑』という本が50~60代を中心に売れている。

年齢を重ねると言い回しがクセになっていることが多いんです。マイナスな言葉を使っていないか、自分で自分をチェックすることは大事ですね」とは、本の著者であり、心理カウンセラーの大野萌子さん。

「連絡ないから病気かと思った」「大変ね~」なんてセリフ、言ったり言われたりしたことはないだろうか。実は、その2つとも「よくない言い方です」と、大野さん。

自分では気づかずに、“マイナスの口グセ”が習慣化し、人間関係がギクシャクしてしまう人は少なくありません」(大野さん、以下同)

「病気かと思った」はまさにマイナスな表現。単純に「連絡をもらえてうれしい」と言ったほうがグッと好感度はアップ。また、付き合いが長くなると遠慮がなくなり、自分の価値観を押しつけがちになる点にも注意。

人から好かれる人は、話し相手の気持ちをプラスの方向に持っていけます。プラス言葉の達人を目指してください

ほどよい距離感でいい関係を【友人編】

 よかれと思ったひと言や仲のよさを強調するために使った言葉が、思わぬ地雷を踏むことに!

【NG】(ばったり出会って)「疲れてる?」

【OK】「元気だった?」

・思っても口に出してはダメ!

 挨拶がわりにマイナスな言葉を言うのはNG。言われたほうは自分の身なりが気になって、不安になったり、不愉快になりがち。一気に気持ちがマイナス方向に引っ張られてしまう。疲れているように見えても、「元気だった?」「元気そうね」とプラスの言葉をチョイス。格段に気持ちのいい挨拶になる。

【NG】「大変ね~」
【OK】「仕事が忙しいんですね」(相手の言った言葉を繰り返す)

・大ざっぱで社交辞令のように聞こえがち

「仕事が忙しくて」「頭痛がひどくて眠れなかった」などと言われたら、「大変ね~」と答えるのは控えて。「大変ね」は、何でもひとくくりに表現できるので、使い勝手がいい反面、大ざっぱな印象を与えがち。「仕事が忙しいんですね」「眠れないほど痛かったのね」と相手の言葉を繰り返すほうが、丁寧に聞いてもらえたという印象に。

【NG】「わかる、わかる!」
【OK】「(あなたは)そう思ったんだね」

・心地よい距離感を保つ表現に

 話を盛り上げたり、距離を縮めるにはいい言葉だが、相手の話を奪って自分の話を始める“会話泥棒”になりがち。また「あなたと同じ」という同感表現は、「私のことをわかってくれる」という依存心を抱かせやすい。意見のすれ違いがあると、「裏切られた」と一転して攻撃心が高まり、悪口を言われるなどされがち。相手に共感する程度の表現が◎。

【NG】「ぜったいにいいから!」
【OK】「私のお気に入り、試してみて」

・価値観の“押しつけ表現”に注意

 何をいい・悪いと思うかは人それぞれ。自分が気に入ったから、あなたも気に入るはず! という思い込みは、ありがた迷惑と思われてしまいかねない。何かをすすめたい場合は、「私のお気に入りなの。よかったら試してみて」という表現に。さらに「気に入らなかったら誰かにあげてね」と相手に逃げる余地を与えるとベスト。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0