0926
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

「話せる人がいない」悩める若者たちの“令和の駆け込み寺”『ユースクリニック』とは

SNSでの感想
※画像はイメージです 
目次
  • 学生のストレスは無視できない
  • 生理や身体の悩みを打ち明ける少女たち
  • 防ぐべき女性の精神的孤独
  • 深夜にも相談続々と、男子からの悩みごとも

 若者たちが産婦人科医など専門家らに心と身体の悩みを気軽に相談できる『ユースクリニック』に関心が集まる。家族には相談できなくても専門家に打ち明けて解決できることもある。母親や祖母世代が知っておきたいこの取り組みについて聞いた。

 友達とのトラブル、彼氏との関係、生理や身体の悩み、進路……。多感な年ごろの子どもたちは悩みが尽きない。「親や学校の先生には打ち明けにくい。でも誰に相談したらいいのかわからない……」

 そんな子どもたちの味方になってくれるのが『ユースクリニック』だ。

 ユースクリニックとは、心や身体、生理や妊娠など性の悩みを若者が気軽に相談できる場所のこと。“ユースクリニック先進国”のスウェーデンでは国内には約250か所以上も開設されている。助産師や看護師が常駐し、13~25歳の若者は誰でも利用できる当たり前の相談先として根づいている。

 日本では、まだほとんど知られていないが、社民党の福島みずほ参議院議員は、今年3月30日の国会・厚生労働委員会でユースクリニックの重要性について取り上げた。

 すると田村憲久厚生労働大臣も、

「その年代の女性の悩みをしっかりと相談できるような体制整備をすることは大変重要だと考えている」と答弁していた。

 東京・台東区の上野皮フ科・婦人科クリニック(院長・西郡克之)は、国内でもいち早い'19年11月からその取り組みを始めた。

 対象は中学生~25歳ほど。親や先生、身近な大人に相談しにくいことや、病院に行くか迷っている体調のこと、もちろん婦人科以外の悩みでも気軽に打ち明けることができる。予約はメールやSNSのDMなどから受け付け。料金は1回500円で相談できるのだ。婦人科の検査や診察、投薬は行わないため保険証も必要ない。

学生のストレスは無視できない

 同クリニック事務長の西郡真知子さんは、

「中高生や大学生、新社会人にあたるこの年代は、進学や就職によって生活に大きな変化が起きる時期。悩みを抱え、ストレスが体調に影響する人も多いです」

 このユースクリニックは、病院が運営しているため、医療機関と直結していることが強みだ。相談にあたるのはクリニックの助産師や看護師ら専門家。必ずしも受診をすすめられるわけではなく、相談を通して診察が必要な症状が疑われれば、提案してくれる。若年層にとってハードルの高い婦人科受診。心の準備をしてから診察に臨める。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0