0926
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

人生100年時代。今や日本人のおよそ半分は50歳以上です。「NEOFIFTY」では、これから50代を迎える人にとって、その先にある老後が「終活の始まり」ではなく「新しい人生がもう一度始まる」と思えるように、素敵な生き方をしている人たちの言葉を紹介していきます。

NEOFIFTY -新50代の生き方-

58歳になった松村雄基の人生の転機「当時の僕は誰も仲間はいないと思っていた」

SNSでの感想
今年で俳優生活41年目を迎えた松村雄基さん 撮影/山田智絵
目次
  • 40代まではなかったことが起こる
  • 誰がどう思おうと、自分の気持ちに正直に
  • アマゾンでの野宿よりもキツかった
  • 今、人生で大事に思うこと

 '80年代、『不良少女とよばれて』『スクール☆ウォーズ』などの大映テレビドラマで一世を風靡(ふうび)した松村雄基さん。眼光鋭い不良少年役で多くのファンを魅了したイケメン俳優も、今年で俳優生活41年目を迎えた。当時と変わらぬスタイルに渋さが加わり、俳優また歌手として精力的に活動している。

 現在、ミュージカル『ソーホー・シンダーズ』に出演中の松村さんに、「58歳とは思えない若さの秘訣(ひけつ)」「若い俳優たちと共演して感じること」「人生最大の転機」「いま大切にしている思い」などをじっくりと語っていただきました。

40代まではなかったことが起こる

 会ってまず驚かされたのは、58歳という年齢を感じさせないスタイルのよさと若々しさ。いったいどのようにキープしているのか……。30代から続けているという驚きの生活習慣を明かしてくれた。

58歳という年齢を感じさせないスタイルをキープ 撮影/山田智絵

基本的には毎朝4時に起きます。それで30分くらいストレッチをして1時間くらい走っています。今も舞台公演中ですが、商業演劇だと昼公演は午前11時開演が多いんですね。そうすると9時には楽屋に入らないといけない。そのためには8時前には出かけるので、食事をしたりシャワーを浴びたり、ちょっとゆっくりする時間もほしいなと逆算していくと、自宅を出発する4時間前には起きるというのが自分のルールになりまして。

 今の時期は真っ暗ですけど夏場は4時半だと明るいので、人があまりいない中を走るのは気持ちがいいですよ。そのランニングが、まあ体力づくりのメインですね。あと時間があるときは、自宅で腕立てとか主に自体重を使った筋トレをしています」

 毎晩遅くとも12時くらいにまでには就寝。

「睡眠時間4時間で走るのは逆に身体によくないってみんなに言われるんですけどね(笑)。でも雪が降った日は走らないので、泥のように眠って、ぜんぜん起きない。月に1~2度そういう廃人になる日を作るようにしています」

 そんなストイックな生活を送っている松村さんにも、50代の壁は訪れて。

自分には50肩なんてないと思っていましたけど、ある日突然、やっぱり肩が上がらなくなって。ひざとか思いもよらないところが痛くなったり、もう身体のあちこちが痛い(笑)。40代まではなかったことが起こるようになった。

 だからこそ、自分の身体は誰も面倒みてくれないんだから、自分で鍛えて自分でいたわるしかないと痛切に感じるようになりました。少しでも早いうちから体力づくりを始めておいてよかったなって思います」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 0
ほっこり 6
びっくり! 0
なるほど! 3
きゅん! 10
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 0
ほっこり 6
びっくり! 0
なるほど! 3
きゅん! 10