0527
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
暮らし

節約界の新カリスマ・くぅちゃん流、心に余裕が生まれる“時短”調理術で「自分が豊かだと感じる暮らしを実現」

SNSでの感想
くぅちゃん。1000万円の貯蓄に成功した主婦ブロガー&インスタグラマー 撮影/山田智絵
目次
  • “時短節約”調理で豊かな暮らしを実現
  • 【1】調理器具はフンパツ
  • 【2】たれや漬物は手作りして買わないようにする
  • 【3】20分の時短調理でガス代も節約する
  • 【4】給料日前は1人100円台のレシピに
  • 【5】買い物後の肉や野菜の保存の仕方で「あとがラク」
  • 【6】野菜は同じお湯で順番にボイル
  • 【7】朝食は定番メニューに決めておく
  • 【8】晩酌をするならお酒の種類を割安なものに

 出費を抑えるためには「買い物のやり方」を変えるべき、と人気インスタグラマーの時短節約家・くぅちゃん。実は、やるべきことより、やらないことに焦点をあてるほうが実を結ぶ食費節約。その手腕をじっくり見せてもらった。インタビュー後編となる今回は、くぅちゃん流「節約に効く調理テク」8編です!

※インタビュー前編:『わずか6年で貯金1000万円!人気インスタグラマーの時短節約家・くぅちゃん流「ケチケチしない」食費節約術』

◎くぅちゃん
 6年間で総額1000万円の貯蓄に成功した主婦ブロガー&インスタグラマー。夫と中学生、小学生の食べ盛りの息子2人を抱えながら、4人家族の食費を月4万円にする方法を発信している。著書に『節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄』(KADOKAWA)がある。

節約に効く調理テクで食費・光熱費をマイナスに!

 調理をするときにもさまざまな節約ワザを自分流にアレンジし、巧みに食費を抑えている。その方法を伝授してもらった。

“時短節約”調理で豊かな暮らしを実現

お金の節約だけでなく、私が重視しているのは調理時間の『時短』買い物から帰ってきたらすぐに、肉を小分けにして冷凍するなど、簡単に調理できるようにしておきます。このひと手間で、毎日の調理時間が短縮できるので、助かっています

 自宅の冷蔵庫に簡単に作って食べられるものがストックされていれば、心に余裕が生まれる。「今日は疲れていて調理が面倒だから、お惣菜を買おう」「外食しちゃう?」がなくなり、急な出費を抑えられるのもポイント。

 調理をするモチベーションを上げるためには、キッチンを居心地のよい場所にすること。使う調理器具にお金を惜しまないのが、くぅちゃんならではのこだわりだ。

「無理な節約をしようとしても長続きしません。無駄な部分は少しずつ省きながら、自分が豊かだと感じられる暮らしを続けていくことが、結局は節約につながるのではないでしょうか

【1】調理器具はフンパツ

 食費は抑えるけれど、調理器具は品質のよいものや、使いやすく便利なものをそろえたいというくぅちゃん。

「高価でも一生ものの道具をチョイス。鍋やトースターは、高品質のものをひとつずつ買いそろえました」

 お気に入りの道具を使うことで、料理を作るときに、気持ちの変化が感じられるようになったとか。

「食事を作るのが楽しくなりました。安い食材を使っても、おいしくできるのがうれしい。おすすめはヨーグルトメーカー。夫が毎朝ヨーグルトを食べるので重宝しています」

 市販ものよりも味、値段で満足できると、家族からも高評価だ。

ヨーグルトメーカーは1リットルの牛乳パックごとセットするだけなので簡単 撮影/山田智絵

【2】たれや漬物は手作りして買わないようにする

 毎日食事を作る人にとって、料理のたれや漬物などを買うのは楽だが、くぅちゃんはあえて買わない。自分で作れば費用が抑えられるだけでなく、好みの味にもでき、余ってダメにすることも少ない。

「私は、家にある調味料を混ぜて作れる焼き肉のたれやドレッシングなどは、自分で作っています。意外なところでは、ホットケーキミックスも自分で調合できるんです」

 ホットケーキミックスは薄力粉やコーンスターチ、ベーキングパウダーなどがあれば作れる。佃煮や浅漬けなども簡単なので、買わずに手作りすれば、おいしくて節約に。

●家族に好評!きゅうりのしょうゆ漬け
◎材料(作りやすい分量)
・きゅうり:2本
*以下(A)
・しょうゆ:150ml
・砂糖:50g
・酢:25ml
・しょうが:適量
・塩:少々
◎作り方
(1)きゅうりを薄い輪切りにして塩をふり、30分おいて水けをしぼる。しょうがはせん切りに。
(2)鍋に(A)を入れて沸騰させ、(1)を入れて再沸騰させてから火を止めて冷ます。
(3)常温になったらきゅうりとしょうがを取り出し、煮汁だけをもう一度沸騰させ、きゅうりとしょうがを戻す。

【3】20分の時短調理でガス代も節約する

「手早く食事を作るには段取りが命。同時進行で3品ぐらい作れるように、あらかじめ段取りを考えておけば、20分で夕食を用意できます」

 時短調理でガス代も節約でき、家族の「お腹がすいた」リクエストにも対応できる。

ガス台3口と電子レンジをフル活用。食材を一気に切りながら、徐々にゆで始めたり、電子レンジで加熱していきます。ちょっとしたワザですが、ハンバーグを作るときはフライパンの中で材料をこねて、そのまま焼きます。ボウルを使わないので洗い物が減らせて、水の節約にも

 献立を作る段階で、フライパン料理ばかりにしないような工夫も必要だ。

【4】給料日前は1人100円台のレシピに

 節約していても給料日前は食費がピンチになることも。そういうときにも困らない、くぅちゃん直伝の節約メニューを教えてもらった。

食費を抑えたいときによく作るのは麻婆豆腐です。1人分100円台で作れます。以前、たまたま冷蔵庫に残っている材料で作ってみたら、おいしくてボリュームもあり、家族に大好評。材料費も安く、うちの定番メニューです」

 材料の豆腐は、業務スーパーなら1丁40円以下で買えるので、3丁買っても100円程度。ほかに、少量のひき肉とねぎがあれば作れる。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 3
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 1
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 3
きゅん! 0