1203
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
かわいい

みんなの街の雑貨店『ブルーブルーエ』が35周年。かわいいとワクワクが詰まった商品の秘話を「中の人」に聞いた

SNSでの感想
全国に店舗を構える雑貨屋さん『ブルーブルーエ』にはキュンとする雑貨が並びます 写真提供/ブルーブルーエジャパン
目次
  • 創業時のコンセプトは「パリのリセエンヌ」
  • 服飾雑貨だけでなく、コスメや食品も扱う
  • 見るだけでキュンとするオリジナル商品の誕生秘話
  • 大ヒット「木彫りクマのぬいぐるみ」の付録雑誌が発売
  • 店づくりのキーワードは「宝探し」
  • 「みんなの毎日を楽しくする」という理念は変わらない

 ショッピングセンターなどの商業施設や駅ビルでよく見かける雑貨店『Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)』。全国各地に175店舗を構え、いつまでも「かわいい」が好きな女性の心をくすぐる商品展開やお店づくりが魅力です。私も学生時代からお店に通う大ファンの一人なのですが、実は今年、ブルーブルーエが創業35周年と知り、これまでのお店のあゆみや雑貨へのこだわりを深掘りしたくなりました。

 早速、株式会社ブルーエブルーエジャパンに取材を申し込んだところ、快諾。広報の鵜野恵実さん、商品部部長の辻美佐子さんにお話を伺いました。

創業時のコンセプトは「パリのリセエンヌ」

──35周年と聞いて、実はそんなに歴史があったのかと驚きました。ブルーブルーエは1986年に渋谷の路面店からスタートしたそうで。

鵜野さん弊社社長の神山(邦雄氏)が小売業をやってみたいという思いがあり、その中でもパリのリセエンヌ(フランスの女子学生のこと)の生活スタイルをイメージした雑貨店がいいと渋谷にお店を立ち上げました。当時はインテリア雑貨やキッチン雑貨を中心に扱っていました。

──店名の「ブルーブルーエ」はどういう意味なんでしょうか?

鵜野さん:フランス語で「野に咲く矢車菊の深い青色」という意味です。

──お店の看板やロゴも深い青色ですが、ここから来ているんですね。それから店舗を増やしていく中で、どのように変化していったのでしょうか?

辻さん1990年代になって若者向けのファッションビルに出店していくんですが、雑貨はもちろん服飾を求めるお客様が多くて。ハンカチやステーショナリーとともに、ニーズに合わせてオリジナルのかごバッグやスニーカー、Tシャツなどの服飾雑貨も作り始めました。2000年くらいから動物モチーフのものが売れ筋で増えていき、2010年から2020年くらいになるとミッフィーやスヌーピーなどのキャラクターものも扱い始めました。

1998年からオリジナルのスニーカーを販売し、人気商品に 写真提供/ブルーブルーエジャパン

服飾雑貨だけでなく、コスメや食品も扱う

鵜野さん:年代を追うごとに品目が増えていってますね。今は食品やコスメも含めて、マルチに展開しています。

自然派オリジナルコスメ「クレームブルーエ」。2021年より、ネイルカラーとリップカラーが仲間入り 写真提供/ブルーブルーエジャパン

──ネイルやリップクリームなどのコスメはブルーブルーエさんらしいかわいいパッケージで、気になっていました。

辻さん「クレームブルーエ」は2020年9月から始めました。成分には植物性のものを多く使ったり、匂いにも細かくこだわってオリジナルで作っています。去年よりリップカラーとネイルカラーが加わりました。パッケージもかなりこだわっていて、ふたを開けるとリップがクローバーの形になっていたりとか、女の子がキュンとするようなものにしています。コスメって毎日使うものなので、買ってよかったらリピートしていただきたくて、挑戦したいと思いました。ギフトにしやすい価格帯なので、ハンカチなどと組み合わせてプレゼントにしていただけたら。

鵜野さん食品を扱う店舗も徐々に増やしています。今は、はちみつ紅茶が大ヒットしています。

大ヒット中の「ラクシュミー極上はちみつ紅茶」。フワッと広がるはちみつの香りと濃厚な紅茶のバランスが大好評 写真提供/ブルーブルーエジャパン
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 11
うるうる 0
ほっこり 5
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 11
うるうる 0
ほっこり 5
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1