0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

若い世代や海外からも注目されている昭和ポップス。本連載では、'80年代をメインに活動したアイドルの『Spotify』における再生回数と当時のCD売り上げをランキング化! データから過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、歌い手本人や関係者への取材を交えながら展開します♪

音楽

チェッカーズのデビュー曲用の歌詞が竹本孝之のシングル曲に! 売野雅勇が語る衝撃の「後日談」

SNSでの感想
売野雅勇さん。エピソードごとに詳細まで語ってくれ、記憶力のよさにスタッフもビックリ! 撮影/伊藤和幸
目次
  • 売野の好みの歌詞は「あの娘とスキャンダル」より「スキャンダル魔都」
  • 「ティーンネイジ・ドリーマー」は「シングルになってもおかしくない出来」
  • 「ブルー・パシフィック」は“芹澤メロディー”のいちばんいいところが炸裂!
  • 自分の作品が発売されていたことをコンビニのBGMで偶然知った過去も
  • 『ギザギザハートの子守唄』用の歌詞が竹本孝之のシングル曲に使われていた!
What's「未来へつなぐ昭和ポップス」?

 今、若い世代からも、また海外からも熱い注目を浴びている昭和ポップス。昨今では、音楽を聴く手段としてサブスクリプションサービス(以下「サブスク」)がメインで使われているが、必ずしも当時ヒットした楽曲だけが大量に再生されているわけではなく、配信を通して新たなヒットが生まれていることも少なくない。

 そこで、本企画では1980年代をメインに活動した歌手・アイドルの『Spotify』(2023年4月時点で4億8900人超の月間アクティブユーザーを抱える、世界最大手の音楽ストリーミングサービス)における楽曲ごとの再生回数をランキング化。当時のCD売り上げランキングと比べながら過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、本人または昭和ポップス関係者への取材を交えながら進めていく。

 今回も、チェッカーズのSpotifyでの人気曲を、彼らの活動初期に数多くの歌詞を提供した売野雅勇とともに振り返っていく。インタビュー第1弾は、彼らの楽曲の約3割が海外リスナー、それもアジアで人気であるということや、「星屑のステージ」「哀しくてジェラシー」に関する意外なエピソードについて語ってもらった。

(インタビュー第1弾→チェッカーズの昭和・平成・令和の人気1位曲は「ジュリアに傷心」、売野雅勇が“生みの苦しみ”明かす

 なお、Spotifyの人気曲の上位には、5位に1987年の「I Love you,SAYONARA」、6位に'90年の「夜明けのブレス」、8位に'89年の「Room」、9位に'88年の「素直にI'm Sorry」、そして10位に'92年の「Blue Moon Stone」と、セルフ・プロデュース時期のシングルがまんべんなくランクイン。しかも、いずれもシングルの売り上げよりも上位となっており、“記録より記憶”のヒットとなっていることがわかる。これらメンバーの自作曲については、また別の機会にメンバー自身に語ってもらう予定だ。

売野の好みの歌詞は「あの娘とスキャンダル」より「スキャンダル魔都

 これに対し、売野雅勇が作詞を手がけた楽曲は1位「ジュリアに傷心」、2位「星屑のステージ」、4位「哀しくてジェラシー」に次いで、7位に'86年のシングル「Song for U.S.A.」がランクイン。作詞:売野雅勇×作曲:芹澤廣明による、旅立つ人へのロッカ・バラードで、芹澤は本作をチェッカーズへの最後の提供作に決めていたという。芹澤によると、本作は'85年のアルバム『毎日!!チェッカーズ』の1曲として制作していたようだ。このことを売野に尋ねると、

「確かに、アルバムの曲だと言われて書いたね。これでラストになるとは意識していなかったよ」

 とのこと。アメリカへの憧れを捨て、自分たちの新たな夢へと駆け出していく内容が、オールディーズ風に作られた売野雅勇や芹澤廣明の楽曲を卒業し、自分たちの楽曲だけで勝負していく彼らと見事にシンクロしているのが興味深い。

 なお、この『毎日!!チェッカーズ』には、13位「あの娘とスキャンダル」の歌詞違いとして「スキャンダル魔都(ポリス)」が収録されている(こちらは27位にランクイン)。こちらは「あの娘とスキャンダル」よりも大人の男と女の恋の駆け引きが描かれており、売野自身も“こっちの歌詞のほうが、俺好みでカッコいい”と、改めて歌詞を読んだ感想を答えてくれた。

撮影では真剣なまなざしからハジけた笑顔まで、さまざまな表情を見せてくれた 撮影/伊藤和幸

「ティーンネイジ・ドリーマー」は「シングルになってもおかしくない出来」

 そして、アルバム曲の最上位は19位の「Long Road」。これはさまざまなファンリクエストでも必ずと言ってよいほど1位になる楽曲で、ファンへの感謝をこめた藤井郁弥・尚之兄弟によるスローバラードだ。

 また、アルバム曲の2番手としては、'84年のアルバム『もっと!チェッカーズ』のラストに収録された「ティーンネイジ・ドリーマー」が20位にこれはアルバム収録ながら、翌年のドラマ『うちの子にかぎって…パート2』(TBS系)の主題歌に起用されるほど関係者の間でも評判だった曲だ。今でもなお人気なのは、楽曲の魅力がリスナーにもちゃんと伝わっているということだろう。

「『ティーンネイジ・ドリーマー』は、先日、他の方からも“泣ける曲じゃないか!”と絶賛されていてうれしかったな。これは、シングルになってもおかしくない出来だよね。《夢を失くせば 俺たち哀しいただの不良だぜ~》というフレーズが心に響くんだ」

フミヤの甘い声で“泣ける曲”が歌われると、涙腺が崩壊するファンも多かったという(写真:1988年)
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 10
きゅん! 1
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 10
きゅん! 1