0619
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#18】綾の悔しさに涙しつつ、幸吉をめぐる神対応に「ズギャン!」となる

SNSでの感想
『らんまん』で綾を演じる佐久間由衣 撮影/廣瀬靖士
目次
  • 竹雄に「ずぎゃん」と言わせた綾の神対応
  • 幸吉に想いを寄せていても、綾が好きだった竹雄

 『らんまん』18週、万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)は長女の園子を亡くした。悲しい出来事だが置かせていただき、峰屋の話をする。久々に「朝ドラらしさ」を堪能した。

 腐造が起き、峰屋は廃業することになった。綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)が決めたのだ。「女が蔵に入ると」とか「女が蔵元だなんて」とセットで語られていた腐造が現実になったのだから、綾が責められる──と思いきや、違った。

 いつも峰屋に反発する分家の3人でさえ、優しかった。打ちひしがれる綾を見て、まずは豊治(菅原大吉)が「ざまあないのう」と言う。だが、竹雄に金繰りを尋ねる口調は案外優しい。借金への援助を求める竹雄に、「うちの身代を継ぐのは伸治じゃ」と答える。伸治(坂口涼太郎)は「無理じゃ」。「こーんなにでっかいクジラが沈んでくゆうに、わしみたいな小船、助けに出たところでもろとも沈むき」と言う。自分の船はただでさえ底が抜けているとも言い、最後はひと言「ごめんちゃ」。

『らんまん』で峰屋の分家を継いだ伸治を演じる坂口涼太郎 撮影/山田智絵

 「分家のぼんぼん」らしい調子ではあった。でも経営者の判断だった。そこには峰屋への、綾と竹雄へのリスペクトがあった。温かかった。だから竹雄も「伸治さん、お達者で」と最後に声をかけたのだろう。伸治は振り向き、「(達者でいるのは)おまえらがじゃろうが、アホ、竹雄のくせに」と言った。そこからは涙、涙だった。

 これより前、綾が蔵に入るシーンも泣けた。ガランとした蔵に足を踏み入れるのだが、同じように蔵に入っていく幼い日の綾が交互に映った。今の綾、幼い綾、どちらも不安げだ。親方に見つかり外に出されてしまった幼い日と違い、今の綾を止める者はない。2階に上がった綾がアップになる。表情が崩れるが、涙より先に「あーーっ」という叫び声。悔しさが痛いほど伝わってきた。竹雄が駆けつけて抱きしめたが、それでも綾は叫んでいた。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy