0712
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#9】寿恵子の「セクハラ被害」はなぜ描かれた? 万太郎と竹雄にも新展開

SNSでの感想
『らんまん』で寿恵子を演じる浜辺美波 撮影/近藤陽介
目次
  • 母・まつと叔母・みえ、それぞれが考える「女の幸せ」
  • コスト意識に目覚めた万太郎、寂しさを隠せない竹雄

 『らんまん』第9週、寿恵子(浜辺美波)はドレス姿を披露した。きれいだった。結果、実業家・高藤(伊礼彼方)に目をつけられた。「見染められた」とするのが穏当かもしれないが、昨今の視点で見れば十分なセクハラ行為があり、やっぱり「目をつけられた」でよいと思う

 説明するなら、寿恵子は鹿鳴館でダンスを習い始める。いろいろはしょるが、高藤に説得されたことも大きい。で、室内演奏会にドレス姿で現れる。とある事情で「足が痛い」と訴えたところ、高藤にいきなり足を触られ、ハイヒールを脱がせられ、抱き上げられ、部屋から連れ出される。書いていても、少々不愉快になる。

 高藤は高藤なりに「これからの日本」について考えているし、寿恵子の聡明さを認識したうえでダンスを習うことをすすめたことも描かれた。そういう人にああいう行為をさせた制作陣の狙いを、最大限意味を持たせて想像すると、あのころの権力者の女性観を示すことだろう。彼らにとって女性は「保護すべきもの」、保護のためなら何でもオッケー。その意味で高藤に悪気はない。そして高藤は既婚者だと明かされたから、これから寿恵子に提示するであろう「保護策」への布石とも想像している。

『らんまん』で元薩摩藩の実業家・高藤雅修を演じる伊礼彼方 撮影/高梨俊浩

 セクハラシーンを経て、万太郎は寿恵子への愛を自覚した。万太郎の女性観は権力者とだいぶ違うはずだが、セクハラシーンを目撃し、嫉妬心が湧き上がったことが自覚のきっかけだった。納得できるようなできないような展開だが、とにかく万太郎は45話、寿恵子の母・まつ(牧瀬里穂)に「わしはわしにできる一番の早さで、お嬢様を迎えに来たい」とプロポーズを予告した。予告は変化球だが、結婚は既定路線、あまり驚きはなかった。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy