1001
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

命を奪う殺人や大事故、社会的関心の高い子どもの虐待死などは、その背景にまで踏み込んだ続報であふれている。しかし、日々新たに発生するニュースに呑み込まれてほとんど続報されない事件も……。そんな、ちょっと気になっていた“あの事件”を独自に追う。

渡辺高嗣「続報のないニュース」

《群馬・草津》町長の性暴力を告発した女性町議がクビに!それでも食い違う両者の主張

SNSでの感想
マスク姿で取材に応じる新井祥子元町議(左)と黒岩信忠町長
目次
  • 「反対票を投じてくれた208人に感謝」
  • 「議員の肩書を利用してウソを伝播した」
  • 「事件当日は前副町長が同席していた」
  • 「町長は自分に都合よく決めつける」
  • 「公費を870万円もかけるなんて」
  • 一致したのは「裁判で真実を明らかに」

 草津温泉には雪が降り、湯畑を囲んで情緒ある風景が広がっていた。この観光地の各所でつい最近まで「新井議員をリコールに!」と大書きされたポスターが貼られ、投票を呼びかける街宣車が走り回っていた。

 群馬県草津町で12月6日、唯一の女性町議である新井祥子氏(51)のリコール(解職請求)投票が行われ、賛成2542票、反対208票とケタ違いの大差で新井氏は失職した。

 取材場所に現れた新井氏は、自分を落とすために実施された住民投票を振り返り、

「多くの町民は普通に接してくれたのでありがたかったが、住民投票に必要な署名を店頭で集めていた店にはさすがに行けなかった。そもそも住民投票は町民が権力者を落としたいときに使う手段であり、権力者側が気に食わない人間を排除するために使うのはおかしい。民主主義の根幹を揺るがす由々しき問題だと思っています」

 と努めて冷静に語った。

「反対票を投じてくれた208人に感謝」

 騒動の発端は、昨年11月に配信された電子書籍での新井氏の重大告発にある。2015年1月8日、町長室で黒岩信忠町長(73)から強引に肉体関係を結ばされたと暴露した。

 町長はすぐさま「事実無根で全部つくり話」と猛反論。新井氏を名誉毀損で刑事告訴するとともに、民事裁判も起こし、新井氏や電子書籍のライターら3人を相手取り総額5000万円の損害賠償を求めている。

 町議会も同調し、新井氏の言動が「議会の品位を傷付け破廉恥だ」などとして昨年、懲罰動議にかけ除名処分に。新井氏が県に不服を申し立てて今年、議席を回復すると、今度は解職を求める住民投票実現に向け署名活動を始め、必要とされる「有権者の3分の1」の署名をわずか2週間で「3分の2」以上にあたる3180筆も集めた。

 町長も集会に顔を出し、新井氏の解職を求め熱弁をふるった。

 結果をみれば、署名の数も、解職賛成票も、圧倒的多数の町民が新井氏に「ノー」を突きつけたことになる。

 しかし、新井氏は「私はそうは思わない。解職反対票を投じてくれた208人に感謝している」とした上で、こう分析する。

「解職賛成票は署名より600票以上も下回った。リコールに賛成しなければいけないと圧力をかけるような空気の中、立場の弱い人らは署名を断りにくい側面もあっただろう。でも投票はだれが入れたかわからない。実際に“ゴメンね、表立っては応援できないけれども解職には反対票を入れるから”と励ましてくれた有権者もいる。圧力的な町長の政治に内心はうんざりしている人がいるんです」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0