0526
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

命を奪う殺人や大事故、社会的関心の高い子どもの虐待死などは、その背景にまで踏み込んだ続報であふれている。しかし、日々新たに発生するニュースに呑み込まれてほとんど続報されない事件も……。そんな、ちょっと気になっていた“あの事件”を独自に追う。

渡辺高嗣「続報のないニュース」

《大阪・阿倍野》「ほぼ毎日やった」と白状、痴漢&盗撮教師のバカげた犯行動機

SNSでの感想
痴漢を繰り返していたJR大阪環状線
目次
  • クビになった大阪痴漢教師
  • どんな教師だったのか……
  • 犯行動機は運動不足?

 筋肉質な中年男の手が夏服の女子学生の臀部に伸びた。9月半ば、通勤・通学ラッシュで混み合う午前7時台のJR大阪環状線の車内。男は節くれだった長い指を丸みを帯びたスカートの上に這わせ、その感触を味わっていた。次の瞬間、男はすべてを失った。

クビになった大阪痴漢教師

鉄道警察隊だ

 同じ車両に乗り、男の不審な動きに目を光らせていた私服警察官だった。

 マークされているとは知らず、いつものように卑劣な行為におよんだのが運のツキ。乗車して10分足らず、下車予定の7駅手前にある京橋駅で降ろされた。

 男は大阪市阿倍野区の市立中学で数学を教える西田尚樹教諭(36)。

 登校途中に痴漢を繰り返していたとして11月11日、大阪市職員基本条例などに基づき同市教育委員会から懲戒免職処分を受けた。中学生を指導する立場にありながら、生徒と歳の近い女子学生に卑わいなことをしたのだから、二度と教壇に立たせるわけにはいかないだろう。

 それにしても、なぜ犯行現場を押さえられながら刑事事件として処罰されないのか。

私服警察官に取り押さえられた際、被害者とみられる女子学生がその場から逃げてしまい、行方がわからず特定できなかった。本人は犯行を認めているが、被害届が出ていないため厳重注意にとどまっている。被害者が特定できていれば大阪府迷惑防止条例違反の疑いで立件されたはず

 と在阪記者。

 現職教師の痴漢とあって、複数の新聞・テレビが懲戒処分されたタイミングでこのニュースを報じた。西田教諭は市教委の聞き取りに対し、7月から複数回にわたって女子高生らに痴漢したことを認めたとされている。しかし、詳しい事情を知る学校関係者に「自白している痴漢行為は具体的に何回なのか」と尋ねたところ、複数回といっても数えきれないほどの回数におよんでいたことがわかった。

本人が言うには、7月から取り押さえられるまで通勤時はほぼ毎日、電車で痴漢していたと白状しています。最初の犯行は、たまたま手が女性のお尻にあたり、相手に気付かれずに済んだらしく、それ以降は痴漢のハードルが下がったようです。スカートの上からならば触っても大丈夫と思っていた節がある」(学校関係者)

 さらに、警察官から求められて差し出したスマートフォンには女性のスカートの中を盗み撮りしたとみられる画像が……。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0