1006
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

命を奪う殺人や大事故、社会的関心の高い子どもの虐待死などは、その背景にまで踏み込んだ続報であふれている。しかし、日々新たに発生するニュースに呑み込まれてほとんど続報されない事件も……。そんな、ちょっと気になっていた“あの事件”を独自に追う。

渡辺高嗣「続報のないニュース」

《東京・練馬》タクシー運転手夫妻の遺体を長男が発見、明るい妻も蝕んだ「夫の病」

SNSでの感想
現場宅の雨戸は閉まったままで新聞も少したまっていた。近所では数日留守にしているのだろうと思われていて
目次
  • “私が死んだらお父さんは生きていけない”
  • 黒々としていた頭髪が真っ白に

 東京都練馬区大泉町の閑静な住宅街に夫婦が引っ越してきたのは28年前のこと。ちょうど東京と埼玉の境目にあたり、周辺には個人タクシーの運転手の家がいくつもある。

「個人タクシーで稼ぐには都心で長距離客をつかむのがいちばん。営業するには都内に居住しなければならないが、都心は地価が高いため埼玉や千葉との県境ギリギリに自宅を構えるケースが多い。その元運転手さんと面識のある仲間は見当たらないから、地元の駅には車をつけていなかったのではないか。おそらく都心への“出稼ぎ組”でしょう」

 と最寄り駅で営業するベテランのタクシー運転手が業界事情を明かす。

 その個人タクシーの元運転手の男性(78)が妻(72)とともに自宅で亡くなっているのが発見されたのは1月14日の夕方だった。

 中古で購入しリフォームした2階建て住宅の1階居間で夫はあおむけに倒れ、妻はひも状のもので首をつっていた。

 事情を知る関係者の話。

「遺体を見つけたのは隣県で暮らす長男。実家の両親の様子を見に来たところ、変わり果てた姿を目の当たりにし110番通報している。死後数日が経過しているとみられ、室内を荒らされたり、争ったような痕跡はなかった。玄関の鍵もかかっていたため、外部から何者かが侵入した可能性は限りなく低い」

 パトカーや救急車がけたたましいサイレンを鳴らして駆けつけ、自宅前に門番の警察官が張りつくなど現場周辺は物々しい雰囲気となった。

 心中か、後追い自殺かなど、夫婦が死亡した詳しい経緯はわかっておらず、警視庁石神井署は「死亡した原因などについては捜査中」としている。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0