1006
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

人生100年時代。今や日本人のおよそ半分は50歳以上です。「NEOFIFTY」では、これから50代を迎える人にとって、その先にある老後が「終活の始まり」ではなく「新しい人生がもう一度始まる」と思えるように、素敵な生き方をしている人たちの言葉を紹介していきます。

NEOFIFTY -新50代の生き方-

松村邦洋「大切なのは健康で生き続けること。生きていればまた次もありますから」

SNSでの感想
インタビューに答えてくれた松村邦洋さん 撮影/吉岡竜紀
目次
  • これで俺の人生は終わった……
  • コロナに負けるわけにはいかない
  • いい出会いは、いい芽が出る
  • 大切なのは健康で生き続けること
  • 53歳には53歳の輝きがある

 昨年12月に松村邦洋さんの取材が終わりホッとしていたところ、年末に「松村邦洋、新型コロナウイルス感染」のニュースが飛び込んできた。原稿はほぼ書き終えていたが、元気になった松村さんに話を聞きたくて「無事に退院した」との連絡を受け、電話インタビューの追加取材を敢行。2009年の東京マラソンでの心肺停止と今回の新型コロナウイルス感染、二度死の淵から生還した男は何を語るのだろうか?

これで俺の人生は終わった……

 新型コロナウイルスの感染者数が急増する中、松村さんの新型コロナウイルス感染のニュースにはびっくりさせられた。というのも、マラソンで倒れた事のある松村さんだからこそ人一倍、感染予防には気をつけていたからだ。2020年12月26日に38・4度の熱が出て、28日にPCR検査で陽性が判明。3日間の自宅待機後、1月1日に入院して1月8日に退院することができた。

──後遺症に苦しんでいる人もたくさんいると聞いていますが、調子はいかがですか?

「深呼吸すると胸が苦しい感じがあったり、風邪のときのような喉の痛みがあるくらいで、ありがたいことに、そのほかはないです」

──陽性が判明したときは、どんな気持ちでしたか?

「“とんでもないことになってしまった、これで人生終わった”くらいに思いました。自分のことよりも、ほかの方に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 最初、38・4度の熱が出たときに検査をしたら陰性で、その後、熱も下がったので仕事をしてしまったんです。“あのときになんでちゃんと対応していなかったんだろう、そのせいで誰かにうつしてしまったかもしれない”って悔やまれました」

──自分を責めてしまいますよね。自宅待機中に亡くなられる方もいらっしゃいます。松村さんはひとり暮らしですが、待機中は不安ではありませんでしたか?

「片岡孝太郎さんや和田アキ子さん、出川哲朗さん、島崎和歌子さん、水道橋博士、戸田恵子さんなど、たくさんの方が『生きてる? 大丈夫?』って電話やメールをくださって、気が滅入る中、本当に救われました。陽性が判明してから3日後には入院できたので、とてもありがたかったです」

──お医者さんからは、「発症から6、7日以降に発作が起きて、重症化することもある」と言われたそうですね?

「入院したとき肺炎にもなっていたし、危なかったと言われていたので、自分でも覚悟をしたんですが、薬のおかげで悪化することはなかったのでホッとしました」

──お医者さんを始め、看護師さんもみなさん全力で向き合ってくださったと思います。

「お医者さんも看護師さんもPHSの呼び出しのバイブ音が鳴りっぱなしでした、もう次から次へと。看護師の方々は、部屋に入ってすぐ防護服に着替えられては処置をして、また次の病室へ向かうという、そういう姿を見てますと感謝しかないです」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0