0527
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
雑学・教養

おじさんが襟元につけている“カラフルなドーナツ型バッジ”の正体

SNSでの感想
中年か年配の男性がつけているのを見かけるケースが多い
目次
  • バッジをつけている人は何者なのか
  • 人間と地球の「やるべきことのリスト」

 オフィス街に近い駅構内で、すれ違うスーツ姿の中年男性の襟元に目が止まった。またアレだ、襟元にあのバッジをつけている──。

 いつのことだったか、そんなふうに気になりだした。

 最初は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに何らか絡むピンバッジだろうと思っていた。かたちが円の中心をくり抜いたドーナツ型(クリスマスに飾るようなリース型)だったからだ。

 東京五輪ロゴは「組市松紋(くみいちまつもん)」と呼ばれる藍色の市松模様でデザインされており、オリンピックは円の中心が空き、パラリンピックは円の上部が空いている。つまり、かたちだけ見ればオリンピックのロゴに似ている。

 しかし、五輪ロゴは国や文化、思想などの「多様性」を示す3種類の細かい四角形を組み合わせ、オリ・パラとも同数の四角形でつくられている。使っている色は藍色だけだから渋い。

 おじさんの襟元に光るバッジは、もっとカラフルなのだ。

 東京五輪の招致活動に使われたロゴにはもっと似ている。桜の花びらをリース型にかたどった円状で、こちらは色合いがカラフルだったから。国際オリンピック委員会(IOC)の定めにより本番への転用はNGだったが、招致ロゴは評判がよく、そのデザインを本番の五輪ロゴにうまく取り入れられないかという意見もあったと聞く。結果的にオリンピックの本番ロゴも招致ロゴもドーナツ型となった。

 かたちの類似性から例のバッジについて、

 “今まで見たことのない五輪関連の新バッジではないか”

 と勝手に推測していたところ、

「ぜんぜん違うよ。アレは SDGs バッジだよ。知らないと恥かくよ」

 と知己の記者に言われてしまったのだ。

バッジをつけている人は何者なのか

 SDGs(エス・ディー・ジーズ)。2015年9月に国際連合加盟国が採択した「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」を指す。

 国連広報センターのホームページの記述によると、その決議の狙いは、

《あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、誰一人取り残されないようにするため、2030年までにこれら17の目標を達成することにある》

 バッジがカラフルなのは、この17の目標を17色で表現しているため。例えば、子どもの貧困や女性差別、地球温暖化など世界共通の課題を解決して持続可能な社会をつくり上げようという決意表明にほかならない。このままではダメだ、ということだ。

 そんな切実かつ理想的な目標を掲げるカラフルなドーナツ型バッジをつけている人は何者なのか。

 前出の記者が言う。

SDGs に取り組む大企業の幹部や役職が多いはず。企業規模にかかわらず意識の高い経営者やそこで働く従業員もいるだろう。政治の力だけでは目標達成が難しいため、国連は世界中の企業に自発的な取り組みを求めている。例えば、稼ぎまくっている大企業なのに取り組んでいないとその企業姿勢に疑問符がつく。乱暴に言えば、目先の自己利益だけを追い求めているように映る

 株主や投資家、取引銀行からそう判断されれば企業価値が下がるのは必然。「持続可能」という長期的視点を持てない企業と長く付き合うことはリスクになり得る。

 もちろん、取り組むべきは大企業にとどまらず、中小・零細企業も含まれる。さらに言えば、私たち個人にも求められる。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 2
きゅん! 0