0523
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

コロナ感染爆発中に終わる「10代の夏休み」は実際、どんなことがあったのか

SNSでの感想
コロナ禍で10代の夏休みは(※写真はイメージ)
目次
  • 感染リスクはゼロ
  • 来年の夏にやりたいこと
  • 一番人気はバーベキュー
  • インスタで引退報告する友人に
  • 美人当てゲーム

 猛暑日の公園のベンチ。制服姿の女子高生2人組がマスクをあごまでずらし、紙コップに盛られたかき氷をサジ付きストローですくっていた。

感染リスクはゼロ

 首都圏の公立高校に通う2年生のA子さん(17)は、この夏いちばんの思い出についてこう話す。

「正直、いちばん心に残っているのは家でやったゲームですね。3Dブロックの仮想世界でいろんなことができる『マイクラ』ってゲームの中で、友だちと海に行ったり、山に行ったりサバイバルをして楽しみました。コロナで実際にできないことはそっちでやるんですよ」

 そんなゲームがあるのか。調べてみると、“マイクラ”とは『Minecraft(マインクラフト)』というゲームで、得点を競うわけでもなく、ただ自由に冒険したり、仲間と家を建てるなど共同作業を体験できるらしい。ゲームの中で遊べば、大人数でも密接でも感染リスクはゼロ。遠慮なく友だちを誘える。

 一方、同級生のB子さん(17)は、夏休みのメーンイベントとして友人と東京ディズニー・ランドに行く計画を立てていた。

「ところがチケットが取れなくて行けなくなってしまって。本当はディズニーで友だちと同じポーズで“映える”写真を撮りたかったんです。仕方ないので、おそろいの洋服を買って一緒に写真を撮りました」(B子さん)

来年の夏にやりたいこと

 それはそれで楽しそうだが、2人の話にはどこかせつなさが漂う。もっと10代特有のドキドキ体験はなかったのだろうか。

 B子さんが「この子はありましたよ」といたずらっぽく笑う。水を向けられたA子さんはこともなげに言う。

「ドキドキとは違うかもしれませんが、彼氏を振りました。束縛がひどくて鬱陶しくなっちゃって」

 ふたりとも今夏はマスク、手洗い、ソーシャルディスタンスを徹底したという。もしコロナが収束したら、来年の夏はやりたいことがある。

「本物の海に行きたい。友だちと泳いだりビーチバレーしたり、それとおいしいものも食べたい」(A子さん)

「夏祭りに行きたい。彼氏ができて一緒に行けたらいい。花火も一緒に見たい」(B子さん)

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1