1205
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
たかまつなながゆく“本音のその先”

時事YouTuberのたかまつななが、政治や社会問題について丁寧に取材。さらに、挫折やいじめ、闘病、人間関係における葛藤など、大きな壁にぶち当たった著名人らにインタビューし、彼らの胸の奥にある「本音」の、さらにその先まで深掘りします──。

たかまつなな

青木さやか、パニック症を克服した今だからわかる「自分をずっと苦しめていたもの」

SNSでの感想
「怒りがストレスにつながっていた」と過去を省みる青木さやか
目次
  • 「死んじゃうかもしれない、怖い」
  • 「受け入れるの、嫌でしたね」
  • 偏見や固定観念に苦しめられていた

 バラエティー番組やドラマ、舞台などで幅広く活躍している、タレントの青木さやかさん。実は長年、パニック症(パニック障害)に悩まされてきました。病気と向き合うなかで、これまで自分を苦しめてきたのは、自然と形成されてきた偏見や固定観念だったことに気づいたそうです。いったいどういうことなのか、YouTube『たかまつななチャンネル』で聞きました。

「死んじゃうかもしれない、怖い」

――私も知らなくてびっくりしたんですけど、青木さん、実はパニック症だったんですよね? どういう病気なんですか?

青木:私の場合は突然、こうやって話していても、意識が遠のいて息ができなくなって、倒れそうになる。

――どうしてそうなるんでしょうか?

青木:いちばん最初にこうなったのは10年くらい前かな。家にいたら「息ができない、死んじゃうかもしれない、怖い、倒れそうだ」みたいな感覚に襲われて、家族が救急車を呼んだんです。そのときは「原因はわからない」と言われて、元気になって帰ってきました。

――それはまた怖いですね。

青木:身体は全部調べましたし、脳神経外科にも行きました。でも、特に問題はなかった。それで、会社に紹介してもらった心療内科に行って、自分の状況を説明しました。「いつも倒れるわけじゃなくて、“倒れたらどうしよう”と思う場面で倒れそうになる」と。仕事中と仕事前、あとは観劇中や、舞台に出ているときとか。

 それと、地下がだめだったんですよね。窓がないところだと、息ができないんじゃないかって。ロケバスも「調子が悪くなっても車からすぐに降りられないから、人に迷惑をかけるかもしれない」って思うと、怖くなって乗れませんでした。だから全部、自分の車で行くようになって。

――失礼ながら、考えすぎじゃないかとも思ってしまいますが。

青木:そうかもしれません。でも、不安に思っていることって、人から「大丈夫だよ」って言われても、「いやいや、それがどうしても無理なの」とか、あるでしょその緊張感から倒れそうになる。仕事以外で倒れそうになったことがないので、「身体ではなく心の問題なのではないか」と思い始めました。

――当時も、テレビとか舞台にけっこう出てらっしゃいましたもんね。

青木:病院の先生からは「いったん仕事を休んでみたらどうです? ストレスになるものを排除したらどうですか」と提案されたんです。「自分がとても緊張してしまう相手と会わないとか、調子が悪くなる場所に行かないとか、そういったことをしてください」って。「それは難しいから、仕事は続けたい」と言ったら、薬を飲んで様子を見ましょうということになりました。それからは、難しそうなお仕事は数回ですけどお断りしました。収録日までずっと不安が募るから、結果的に、やめておいてよかったと思います。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0