1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ヘルス

寄付金2億円の研究が話題!「寿命2倍、猫が30年生きる」ための獣医療最前線

SNSでの感想
※写真はイメージです
目次
  • 〈プラセンタ〉関節炎や毛並みが改善
  • 〈鍼灸・漢方〉統合医療がこれからの流れ
  • 〈腎臓病治療薬〉愛猫家・藤あや子も寄付

 昨年12月、一般社団法人「ペットフード協会」が発表した「令和2年全国犬猫飼育実績調査」によると2020年の猫の平均寿命は15.45歳だった。人間に換算すると75~77歳となる。

「猫も家族、15歳という年齢は非常に短いです。健康で長生きしてほしい……」

 そう話すのは14歳のメス猫を飼う神奈川県横浜市の斎藤優子さん(仮名・37)。

 しかし、猫も人間同様、高齢になれば体の機能が衰えたり、病気を患うリスクは高くなる。そこで猫の健康を維持するためのケアや研究が日夜行われている。

〈プラセンタ〉関節炎や毛並みが改善

 人間の美容・健康促進でおなじみのプラセンタ。その成分に『アミノ酸』や『ビタミン』『ミネラル』などの栄養素が豊富に含まれている。

 実はプラセンタは猫の病気やケガの治療、健康維持にも活用されているのだ。

 プラセンタ製剤の動物への臨床応用を行ってきた渡邊動物病院院長の渡邊正俊さんがその治療について説明する。

「人へのプラセンタ注射は更年期障害、乳汁分泌不全、肝障害への効果が期待でき、保険適用となっています。猫においても、肝機能障害、創傷の治癒促進、関節炎などさまざまな疾病で効果を発揮します」(渡邊さん、以下同)

 例えばシニア猫に多い病気である関節炎の場合、プラセンタを投与すると症状に改善がみられるという。

「一時的に炎症を抑えるのにステロイドなどの医薬品を使いますが、長期間の服用は副作用の懸念もあるため、プラセンタの注射薬やサプリを併用します。何度か投与するうちに軟骨の成分が少しずつ滑らかになっていったという結果が出ています」

 猫同士のケンカで傷を負ってしまった際や歯肉炎や角膜炎の治療で、ほかの投薬・治療法とプラセンタを併用することで治りが早くなるそう。さらに、高齢で手術ができないときの緩和ケアとしてプラセンタ治療を行うことも。

「“治療はまだ早いかな”という段階から、プラセンタサプリメントを摂取することで健康寿命を延ばすことにもつながります。ごわごわしていた毛並みがよくなったり、活動量が増えたりするという作用も報告されています」

 プラセンタ治療を行った猫の飼い主からは「徐々に元気が出てきた」という声も。

 だが、副作用や安全性も心配が……。

「人の胎盤を原料にした注射薬の場合、まれにアレルギー反応が起きる場合もありますが、重篤な副作用が出た報告はありません。ただ、豚の胎盤を原料にしたサプリメントは、豚肉にアレルギーがある猫への使用はできません。その場合、かわりに馬由来のプラセンタを投与する方法もあります。当院では約30年間プラセンタ製剤を使用していますが、注射部位に腫れや痛みなど副作用が出た例は数例でした」

 ほかの治療薬と比べて副作用が少ないのがプラセンタ治療の特徴だ。

プラセンタ療法は有効ですが“これを与えておけば健康になる!”というわけではありません。飼い主さんが日々注意深く動物の体を観察することで早く異変を見つけ出し、治療をすることが何より重要です。そのうえで、健康維持や病気予防のケアのひとつとしてプラセンタを活用してください」

渡邊動物病院で使用する動物用プラセンタのサプリメント。医師と相談して使うことができるのも心強い

《PROFILE》
渡邊正俊 ◎獣医師。渡邊動物病院(東京都・立川市)院長。1985年よりプラセンタ製剤の動物への臨床応用も行う。日本レーザー獣医学研究会理事。プラセンタ研究交流会副理事長。獣医先端医療研究所所長。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0