1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

「ゴッホになりたかった」個性派俳優・片桐仁、アーティストの源泉は“ダジャレ”

SNSでの感想
片桐仁 撮影/齋藤周造
目次
  • コロナで中止されていた個展が開催
  • 不条理アート展は8万人を動員
  • 発想はダジャレです
  • 立体物を作る手触りに開眼

 創作活動20周年を記念した初の大規模展を開催。粘土を使ったシュールな世界観が注目され、出演ドラマでは自作の小道具が注目されたことも。アーティスト、俳優として個性が光る本人を直撃!

コロナで中止されていた個展が開催

 俳優、芸人、彫刻家として活躍する片桐仁が、20年以上にわたり作り続けてきた作品を網羅する『粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展』を11月20日から東京ドームシティのギャラリーアーモで開催する。

 当初は昨年3月に予定されていたが、新型コロナウイルス感染状況とイベント等の自粛要請のため中止されていた。

「お客さんと一緒に粘土を使って作品を作り上げるワークショップなどを3つくらい企画していましたが、感染対策で全面的に見直すことになりました。1年8か月を経て、ようやく開催できることになり楽しんでもらえることをいちばんに考えました」と片桐。

 “公園魔”と題した高さ4メートル、幅5メートルを予定している巨大ランドマークをはじめ粘土作品百数十点、『TVブロス』での連載絵画も百数十点、ほかに写真や自粛期間中に家族と始めたYouTubeでの作品、ペイントアートした愛車、アーティストとしての創作年表、さらには初公開の学生時代に描いた絵画などが展示される。

個展のランドマークになる鬼がモチーフの“公園魔”の模型(イメージ)

「ギャラリーは体育館ぐらいの大きなスペース。展示数を含めて初めての大規模な個展です。公園魔は滑り台ができるようにしたかったけど安全面などを考慮して断念しましたが、写真撮影ができるスポットを用意します。ワークショップは土偶をデザインしたサンバイザーが作れるペーパークラフトや粘土での風鈴作りができます」

不条理アート展は8万人を動員

 片桐は多摩美術大学時代に小林賢太郎とコントグループ「ラーメンズ」を結成。1999年の『ヤングマガジンアッパーズ』連載をきっかけに、日用品や電化製品などあらゆるものに“粘土を盛る”をコンセプトに創作してきた。

 2015年~2018年に全国10か所以上のイオンモールで開催した不条理アート粘土作品展『ギリ展』は約8万人を動員。2019年の海外での初の個展『技力展台湾(ぎりてんたいわん)』は独自の世界観が評判を集めた。

 スマートフォンのiPhoneケースは、鯛(たい)をかたどった“鯛Phone”、目を模した“eyePhone”、モアイ像の“モiPhone”などを創作、愛用している。

左から“eyePhone”“モiPhone”“鯛Phone”。作品にもよるが制作期間は1週間から1か月を要する
“鯛Phone”のケース内側には鯛の骨を精巧に再現

「コミュニケーションツールとしてウケたいと思ったのがきっかけで作品を持ち歩きはじめました。ケースは携帯を買い替えるたびに作るので“ガラ携”と合わせると18個くらいあります。

 “eyePhone”や“鯛Phone”を首から下げていると日本人は見て見ぬふり。子どもとおばあちゃんしか声をかけてきません。でも海外では外国人にウケがめちゃくちゃいい。“What is This?”と声をかけられて、“My iPhone”と“eyePhone”を見せると大爆笑してくれるのを見て、言葉も国境も越えられると自信になりました

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0