1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドキドキ

SNSで話題『妻の飯がマズくて離婚したい』、実際に離婚問題に発展した5組の夫婦

SNSでの感想
『妻の飯がマズくて離婚したい』(画像は「mamastaセレクト」より)
目次
  • 料理しない私を受け入れた夫が心変わり
  • 外食はアリバイ作り!? 不倫の代償は高くつく
  • 料理学校で覚えたのは料理ではなく不倫の味
  • ホームパーティーで夫は出世したが
  • 浪費&不倫の夫だが妻の料理は手放さない

「意中の男性をオトすには胃袋をつかめ」という“格言”のように生きていく中で食事は大切な部分。 しかし、夫婦の“口の相性”が合わなかったら──。人間の3大欲求のひとつ、食欲をめぐる夫婦の実態に迫る!

『妻の飯がマズくて離婚したい』という4コマコミックが、子育て中の母親向けサイトで話題となっている。

 結婚8年目、3人の子育てに奔走しながら、子どもたちの教育費を捻出するためにパートで働き、節約に励む妻。料理がもともと苦手で、母の口癖だった「お腹に入ればみな同じ」を言い訳に、ワンパターンの料理を食卓に出し続けていた。しかし、夫が隠れて外食していたことを知り、激怒すると、「飯がまずい、離婚も考えている」と、夫から言い返されてしまう。この夫婦の危機は回避されるのか、それとも離婚なのか──。

『妻の飯がマズくて離婚したい』(画像は「mamastaセレクト」より)

 “妻飯”問題は、コミックの世界だけにとどまらない。世の中には夫婦の事情こそ異なるが、「妻の飯がまずい」という理由で離婚問題に発展することもあれば、実際に離婚した夫婦もいるのだ。

料理しない私を受け入れた夫が心変わり

「自分の料理は美味しくない」と自覚していた外資系勤務の博美さん(仮名・40歳)。夫(35歳)は飲食店勤務で、いわば食事の“プロ”だ。

「結婚前、1年間同棲していたころは、仕事が激務で帰宅が遅い私の代わりに、彼が料理を作ってくれました。プロポーズされたときに、“美味しい料理を作れないよ。それでいいの?”と尋ねたんです。すると彼は“これまでどおり、僕が作るから”と言ってくれたから、結婚を決めました」(博美さん、以下同)

 親が経営する飲食店で働く夫は、夕食が店のまかないのため、平日の夜は一緒に食べることがなかった。夜10時過ぎに帰宅する博美さんのために、夫が店で残った惣菜を使って簡単に料理してくれたという。

「土日は外食していました。彼と一緒にグルメの食べ歩きはとても楽しかったです」

 ところが結婚して2年もたたないうちに、夫は「お茶ぐらい入れてよ」と要求するようになった。博美さんがティーバッグでお茶を入れて出すと、その入れ方にもケチをつけたという。

「結婚3年目、コロナ禍になると店が休業。夫が働く飲食店は、デリバリーや通販のサービスなど新しいビジネスをスタートしました。店が休業していても、夫は実家で両親や兄夫婦と一緒に夕食を食べ、夫婦間に少しずつすきま風が吹き始めて……。

 年が明けると離婚を切り出されました。理由は“自宅で焼き魚を一生食べることがないのは寂しいから”。結婚前に“料理しないよ”の私を受け入れたのに。何度話し合っても平行線でした」

焼き魚くらい食卓に並べる余裕さえあれば、離婚まで話が進まなかったかも(写真はイメージ)

 現在、離婚協議中という博美さんと夫の「妻飯問題」は、コミック『妻の飯がマズくて~』に似ている。博美さんが「食事を楽しみたい」という夫の気持ちを理解できなかったこと、夫も博美さんに理解してもらうように努力しなかったことが原因なのだろう。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0