1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

柏原収史「ぜったい行かない」と言ってた兄貴が……柏原崇と“同期デビュー”秘話

SNSでの感想
柏原収史 撮影/山田智絵
目次
  • 兄・柏原崇と同期デビュー
  • 手抜きした映画でほめられた!
  • 恩人マネージャーの「遺言」
  • 死ぬまで「役者」を続けていく

「この世界に入って28年。いろいろな方の支えがあって歩いてこられました。きれいごとでもなんでもなく、本当に人に恵まれた。とりわけ最初に僕を見つけて声をかけてくださった、初代マネージャーの細川さんには感謝してもしきれません」

 俳優としてさまざまなドラマ・映画に出演するかたわら、ミュージシャンとして自らバンドで活動したり、楽曲制作・プロデュースなどで手腕をふるってきた柏原収史(42)。「役者と音楽の2本の柱で今も続けていられるのは、最初にしっかりと地盤をつくってもらったおかげ」と感謝してやまない相手は、今は亡きマネージャーの細川美由紀さんだ。小栗旬を見いだし育てたことでも知られる細川さんは、2004年にまだ40代の若さで亡くなっている。

 その彼女が1993年11月、第6回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの会場で、グランプリを獲得した兄・柏原崇の応援にきていた収史に注目したのが、すべての始まりだった。当時、ふたりは山梨県甲府市に住む、普通の高校2年生と中学3年生だった。

兄・柏原崇と同期デビュー

 収史が具体的なエピソードを交えて振り返る。

もともと兄貴は芸能界にまったく興味がなくて、学校の先生を目指して勉強ばっかりしていたんです。JUNON(ジュノン)には母親の友達が兄貴の知らないところで推薦したんですが、案内のハガキが届いたときも “なんだコレ! 俺はぜったい行かない” と言ってたくらいで。

 でも当時ちょうど “行列のできるラーメン屋” というのが出始めて、僕と兄貴がテレビを見ていたら八王子の『みんみん』というラーメン屋さんがすごく美味しそうだったんですよ。それで母親が “じゃあ車で行けば八王子も通るし、みんみんに寄っていこう” って言ったとたん兄貴がピクッとなって(笑)、 “マジで? みんみん行けるなら行く” と。で、“僕も行きたい!”ってついていったんです

 男の子オーディションの元祖として知られるジュノンボーイだが、まだ第6回とあって原宿クエストホールで開かれた選考会も、のどかな雰囲気だった。

「客席で普通に“お兄ちゃん、頑張れ〜!”ってやってましたから(笑)。その様子をマネージャーの細川さんが見ていたみたいで、結果発表前の休憩時間にうちの母親の隣の席に来て “6番の方のご家族ですよね?” と。“6番の方はグランプリをとって、いろいろな事務所から声がかかると思います。でも、私はそこにいらっしゃる弟さんに興味があります、と

 そのとき、収史はロビーに遊びに出ていて、そんなやりとりがあったとはまったく知らなかった。細川さんが予想したとおり、崇はグランプリに輝いてさまざまな事務所から誘いを受けるのだが、甲府の自宅に帰ってから「実は収史にもそういう話があって」と伝えられたのだという。

 細川さんが勤めていた事務所はトライストーン・エンタテイメントといって、その年に設立されたばかりだった。今でこそ小栗旬、田中圭、綾野剛、坂口健太郎らを擁する大手プロダクションだが、当時は小さな所帯で第一期生として迎えられることになる。

「事務所に所属するとか、かしこまった話はなかった気がします。僕はまだ14歳でしたが、とにかくギターに熱中していたので “役者と音楽、両方やれるなら……” “もしかしてプロのミュージシャンになれるってこと?” なんて夢を見ていましたね。

 その後しばらくして “ドラマの話があるから、東京に来ませんか” みたいなことを母親伝えに聞いて、単純に “東京に遊びに行けるんだ” と。そこで連れて行かれたところが、TBSの『人間・失格』のオーディション会場だったんです。

 5〜6人ずつ呼ばれたんですけど、僕のグループにはKinKi Kidsの2人もいて、 “ジャニーズ事務所から来ました堂本光一です” “堂本剛です” って。すごくキラッキラッ輝いていました。この2人が主演に決まり、僕はクラスの同級生の役で残って。そこから東京と山梨とを行ったり来たりする生活が始まりました

柏原収史 撮影/山田智絵

 一方、兄・柏原崇は各プロダクションの争奪戦の末に「メリーゴーランド」に所属が決まり、同じく1994年夏クールの連続ドラマ『青春の影』(テレビ朝日)で俳優デビュー。1995年3月に公開された映画『Love Letter』で一気に注目され、さらにドラマ『白線流し』『イタズラなkiss』と話題作への出演が続いた。

「兄貴はすぐに人気者になったので、背中を見ながら追いかけた感じでした」

 収史も映画『あした』『ゲレンデがとけるほど恋したい。』、深夜ドラマ『ねらわれた学園』などに出演するが、どこか暗中模索の日々でもあった。

やっぱり “自分からやりたくて入ったわけじゃない” という気持ちがあったんでしょうね。当時は今みたいにやさしい現場ではなかったし、できなかったら大声で怒鳴られましたから、もうやめたいと思うこともいっぱいありました。それでも細川さんが “収史、この役決まったよ!” と、うれしそうにしている顔を見たら、自分も子どもながらにうれしくなる。その連続でやってこられた気がします

1998年7月、主演映画『’hoodフッド』の完成報告会見。盗みやオヤジ狩りに明け暮れるストリートキッズを演じ、ダンスシーンにも挑戦 撮影/横山孝行
1998年8月、ドラマ『凍りつく夏』の収録スタジオにて。親の虐待によってトラウマを抱えた少年をナイーブな感性で演じた 撮影/西本淳
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 2
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 2
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1