1129
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

PUFFY25周年!亜美&由美「ふたりの関係・安室ちゃん・辞めようと思った過去」を語る

SNSでの感想
PUFFY 撮影/矢島泰輔
目次
  • 奥田民生はどんな存在?
  • 第一印象はかわいい・オシャレ
  • 安室ちゃんのこと
  • オンとオフの差がないから自然体
  • 立ち会い出産?
  • 面白くなかったらいつでも辞めていい
  • 幸せだと思う瞬間は?
  • この25年、変わらずずっと好きなものは?

 '96年の『アジアの純真』でデビューし、『これが私の生きる道』『サーキットの娘』……とミリオンを連発。またたく間に国民的アーティストとなったPUFFY。今年、デビュー25周年を迎えたふたりを初取材! ゆるくてカッコいい絶妙なバランスは、やっぱり最強でした。

大貫亜美(以下、亜美)「同じ時間を過ごして、同じ経験をしてきてる。デビュー当時より大人になったぶん、より理解は深まっていると思います。言わずともわかるし、一緒にいて気が楽」

吉村由美(以下、由美)「お互いに性格をわかってるからこそ核心を突いた話は一切しなくなったよね。でも、相手を一撃で傷つける言葉をふたりともわかっているっていう(笑)」

亜美「あははははは。言われませんように~(笑)」

奥田民生はどんな存在?

 今年デビュー25周年を迎えた、大貫亜美と吉村由美からなるヴォーカルデュオPUFFY。唯一無二のアーティストとして活動を続ける彼女たちが10年ぶりのオリジナルアルバム『THE PUFFY』をリリースする。

 さまざまなジャンル、世代のアーティストが参加したアルバムのリードナンバー『エッサフォッサ』はふたりの育ての親である奥田民生を擁するUNICORNとのコラボレーションだ。

亜美「レコーディング中は些細なことで終始大笑いでした(笑)。(UNICORNの)5人が一歩も引かずにダジャレを言い合っている状況にどっぷり笑い疲れたって感じ(笑)」

由美「UNICORNさんとはいつもそう(笑)。もちろん演奏したらみなさん本当に素晴らしいんですけど、すごく自由でしたね」

 大ブレイクしたデビュー曲『アジアの純真』のプロデューサーでもある奥田民生はふたりにとってどんな存在なのだろうか?

亜美「この25年ずっと変わらず、すべてにおいて先生ですね」

由美「といっても、何ひとつ言葉で教えてもらったことはないんですけど(笑)。こうしたほうがいい、ああしたほうがいいって一切言わないけど、私たちもあんなふうに音楽で生活ができたらいいなと思う存在。ステージでもカッコいいし、本気でふざけている姿も素敵です」

亜美「民生さんの背中以外、見たことがないので、鵜飼いと鵜みたいな関係ですね(笑)」

第一印象はかわいい・オシャレ

 初インタビューということで、改めてそれぞれの第一印象と、お互い影響を受けた部分を聞いてみると、

亜美「私は初めて由美ちゃんを見たときからかわいいと思っててん!」

由美「サンキュ♪ 亜美ちゃんは古着のTシャツを着こなしたりしてすごくオシャレでした。私は大阪の田舎に住んでいたのでオシャレをわかってなかったし、洋服もあまり持ってなかったので、友達と遊びに行くときにお洋服を借りたりして。

 当時はエンジニアブーツが高くて買えなかったので亜美ちゃんに貸してもらったし、デートのときは“こんな感じがいいんじゃない?”ってアドバイスもらったり」

亜美「そんなこともあったね~」

由美「だからオシャレになれた(笑)。それに物知りだし、絵を描くとか字をきれいに書くとか、そういう面は影響を受けたというより、絶対に亜美ちゃんにはかなわないって思う。リスペクトできる点があるからこそ(PUFFYが)長続きしてるのかなと思います」

亜美「私は自分ひとりで考え込んでめちゃ暗くなったりするんです。そういうときは由美ちゃんによく相談します。考え方がすごくシンプルで、物事の本質を見抜いているから。“私はこう思う”とか、“こうすればいいんじゃない?”とか言ってくれる由美ちゃんの考え方を取り入れて日々暮らしてます(笑)」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0