1203
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

玉山鉄二をつくった20代での挫折体験「カメラの前に立つのが怖くなって」

SNSでの感想
玉山鉄二 撮影/廣瀬靖士
目次
  • 息子と男ふたりで旅行に行ったり
  • 1回でもミスったら仕事がなくなる!?
  • そっと背中を押してくれる作品に

「けっこう昭和のノスタルジックな町並みが好きなんです。きのうは子どもたちが映画を見たいと言ったので、下町の映画館に連れていって、僕は商店街を町ブラして古い店構えの餃子屋さんに入りました。

 初めて行くお店だったんですが、食べログで調べました。家族で出かけるときはだいたいネットでご飯屋さんを調べて “そこの周りに子どもたちが遊ぶ場所はあるかな” みたいに探してますね」

 玉山鉄二との再会はそんな雑談から始まった。

 俳優デビューした10代のころからその美形ぶりで知られる一方、頭を丸刈りにして受刑囚役を演じた映画『手紙』、中国系ファンドからの刺客を演じた映画『ハゲタカ』、男性として19年ぶりに主演をつとめた連続テレビ小説『マッサン』など、着実に演技の幅を広げてきた玉山。

 気がつけば40代の男盛りを迎え、2児の父となり、やわらかな雰囲気をまとっている。

息子と男ふたりで旅行に行ったり

玉山鉄二 撮影/廣瀬靖士

子どもをもって僕はだいぶ変わったと思います。うちは9歳と5歳なんですが、彼らが大人になって社会に出るようになったときに、すごく多様性があって澱(おり)が少ないような社会になったらいいなと思っているんですけど。

 子どもに気づかされることっていっぱいありますよ。無意識に “これはなんでこうなの?”とか聞いてくるじゃないですか。それに対して、昔から決まっているからというロジックじゃ伝わらないんですよ」

──例えばどんなことでしょう。

“なんで大人はいいのに子どもはダメなの?”と。そこをしっかり論理的に説明するのはいつも大変だと思います。YouTubeとかも、うちでは見られる時間を決めているんですけど、“子どもは時間が決まっているのに、どうして大人はいいの?”とか

──もっと見たいのに、と。

「“パパは仕事で見てるんだよ” と言っていますけれど、本当に納得しているかどうか。とにかく好奇心旺盛でいろいろ聞いてくるので、うまく答えられないときは “パパはわかんないから、自分で調べてくれ”って言っています(笑)。

 父親役を演じたことは何度もあったんですが、実際に子どもをもつとぜんぜん違いますね。今まで気にならないことが気になったり、逆に気になっていたことが気にならなくなったり、すごく意識が変わるんで。あまり世間の空気に惑わされないようにもなってきました。気づかないうちに自分なりの哲学とか理念のベースができてきたと思います

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 6
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 6