0926
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

西城秀樹さんと35年、間近に接した愛すべき素顔「飲み屋で隣り合った人と──」

SNSでの感想
西城秀樹さん 撮影/佐藤靖彦
目次
  • 圧倒的なオーラとやさしさと
  • 『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』を盛り上げるために
  • 『ちびまる子ちゃん』ありがとう!
  • ひと言「俺、結婚決めたから……」

 1972年「ワイルドな17才」のキャッチフレーズでデビューした西城秀樹さん。「新御三家」として芸能界の第一線を走り続け、キラ星のごときヒット曲は数知れず。長身に甘いマスクで人々の胸を熱くさせ、持ち前の明るい性格でも愛された。

 2018年5月、惜しまれつつも天に召されたが(享年63)、デビュー50年の記念日にあたる3月25日を迎え、ありし日の姿を振り返ってみたい。

 貴重な証言を寄せてくれたのは、マネージャーとして35年間にわたって秀樹さんを支えた片方秀幸さん(61)。秀樹さんの5歳下で、最初は付き人兼運転手。その後はチーフマネージャーとなり、プロデューサーとしても苦楽をともにしてきた。

 まずは間近に接した、スター・西城秀樹の素顔から聞いた。

圧倒的なオーラとやさしさと

ふだんは本当に普通のお兄ちゃんなんですが、店に入る時は気を遣いました。洋服屋さんでも食べもの屋さんでも、入ったとたん店にいる全員に気づかれる。全員が気づいて “西城秀樹だ!”って感じになるんです。マネージャーとしては “守らなければいけない”と緊張しましたね。

 見られていると、本人も西城秀樹にならないといけませんし、握手やサインを求められても断らないんですよ」

──背が高いし(身長182cm)、普通にしていたって気づかれますよね。

とにかく存在そのものから放つオーラが半端ない。べつに派手な服装とかしているわけでもないのに目立ってしまう。そのくせ本人は気にしないでお店に入るんですよ。

 なじみの飲み屋さんとかだと大丈夫なんです。周りのお客さんもみんなわかっていますから。気を遣ったのは洋服屋さんですね。洋服が大好きで気になったお店があるとフラッと入っちゃう。局から局の移動で30分時間があいたときとか、赤坂から六本木に行く間とか。レコード会社も渋谷の宮益坂の上にあって(1980年代はRVC所属)、場所が場所だけにどこへでも(笑)」

35年間にわたって秀樹さんをサポートし続けた片方さん。1990年代初頭、ハワイのレストランで撮影されたツーショット 写真提供/アースコーポレーション

──マネージャーとして現場についた当時、秀樹さんは何歳でしたか?

「1984年だから29歳です。若いから本当にパワフル。仕事が終わるのは毎晩てっぺん(24時)を超えていましたけど、そこから飲みに行くんです。行くと必ず誰か知り合いがいますから、夜通しワイワイやっていました」

──その間、現場マネージャーは車の中で待たされるんですか?

いいえ。一緒にお店に入っていました。秀樹さんは絶対に “外で待っていろ”とは言わない人でした。メシにしても飲みに行くにしてもいつも一緒。やさしいんですよ。

 でも、翌朝は大変です。たとえばテレビ東京の『ヤンヤン歌うスタジオ』とかで朝10時入りだと8時半には家を出なきゃいけないんですけど、5時ぐらいまで遊んでいるから、起こすのがひと苦労です。1時間ぐらいかけて起きるまでマッサージですよ。“起きてください!”って言いながら、“脚やって……”みたいな(笑)」

──二日酔いで困ったなんてことは?

「あるとしたらコンサートツアー中ですね。身体も大きいし体力があるから、本当によく飲むんです。しかも人が飲んでいるものを飲みたがる(笑)。 “芋? じゃ俺も芋(焼酎)。そのウイスキーはバーボン? じゃバーボン”って、ひたすら明るいお酒です。さすがにホテルに帰るころにはベロンベロンなんてこともありました。

 そんな次の日は汗をかくために服を着込んで、コンサート会場の階段の一番下を何往復もするんです。めったになかったけれど、やっぱり二日酔いするときはあるんだなと(笑)

つかの間の昼休み、おにぎり弁当を頬張る秀樹さん。時代を感じさせる1枚(1974年12月)

──ふだんの食事とかはどうされるんですか?

だいたいラーメン、蕎麦、焼きそば、カレー。これでローテーションを組めるくらい、ごく普通のものが好きでした。ファンクラブの会長とかがサポートについていますから、顔見たら“◯◯ちゃん、今日は焼きそば” “◯◯ちゃん、カレーがいいなぁ”。そんな繰り返しです」

──やっぱりカレーはお好きなんですね!

ハウスさんのCMでお世話になっていますから。外で食べるときはCoCo壱も好きでした。主な地方都市にはだいたいありますよね。なかったらコンサートをする会館の食堂のカレーとか」

──それでも大丈夫なんですか?

「ぜんぜん大丈夫でした。むしろ、そういうほうが好きなんですよ。もちろんフォーマルな高いお店も知っていますし、夜はお寿司とかステーキとか鉄板焼きとかにも行きます。でも楽屋で食べるなら高級な懐石料理の弁当とかよりも、あったかいカレーとか焼きそばとか。

 あとは子供のころから広島のお好み焼きを食べているので、何かあるとお好み焼きですね

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 96
うるうる 45
ほっこり 159
びっくり! 3
なるほど! 12
きゅん! 124
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 96
うるうる 45
ほっこり 159
びっくり! 3
なるほど! 12
きゅん! 124