1203
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

“いい事いっぺ来い来いどーんと来い!”東北の歌姫、原発事故を受けて「全村避難」した村で歌う

SNSでの感想
ステージに立つ白崎映美さん=5月7日、福島県飯舘村「交流センターふれ愛館」にて 牧内昇平撮影
目次
  • 東日本大震災をきっかけにバンド結成、「福島」に思いをはせて
  • 地元の人々の心に響く、白崎さんの力強い歌声
  • 東北の人々に誇りを──。鳴り止まない拍手

「東北のみんなさ、いい事いっぺ来い来いどーんと来い!」

 東北を代表する歌姫と言えばこの人、音楽集団「上々颱風」(シャンシャンタイフーン)のボーカリストとして知られる白崎映美さんだ。山形県出身の白崎さんは東日本大震災のあと、東北ゆかりのミュージシャンを集めて「白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!」を結成した。そんな白崎さんが5月7日、福島県飯舘村を訪れてコンサートを開いた。原発事故の影響による「全村避難」を強いられた村人たちに、白崎さんたちが届けた歌は──。

東日本大震災をきっかけにバンド結成、「福島」に思いをはせて

♪サンダルはいて おばちゃんちまで♪

 5月7日午後、福島県飯舘村にある「交流センターふれ愛館」。白崎映美さんがコンサートの中盤でバラード『更地のうた』を歌い始めると、にぎやかだったホールが静まりかえった。

♪「こんにちは」

「いらっしゃい、今日は暑いね」

「元気でいいね」♪

 歌は冒頭、平凡だけれど幸せだった福島の人びとの日常を描きだす。しかし、2011年3月に原発事故が起きた。

♪毎日つづく暮らしの声が 

なくなるなんて知らなかった♪

 白崎さんは上々颱風のボーカリストとして、ジブリ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』のエンディングテーマになった『いつでも誰かが』などのヒット曲をもつ。「東北6県ろ〜るショー!!」を結成したのは、2011年3月の東日本大震災がきっかけだった。白崎さんは山形県酒田市の出身。同じ東北の地が地震、津波、原発事故で苦しむのを見て、悔しさがこみ上げてきた。子どものころ、「酒田大火」と呼ばれる大火事で家を失ったことがあった。そのときの自分と震災の被災者たちが重なる部分もあった。

「東北のみんなさ、いい事いっぺ来い」

 悔しさを胸にメンバーを集めた。アコーディオン・ヴォーカルの小峰公子さんは福島県郡山市出身。津軽三味線の岡田修さんは、白崎さんと同じ山形県酒田市。サックスの梅津和時さんは仙台市育ち。東北ゆかりのミュージシャンたちが集まった。

ステージで演奏する「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」のメンバーたち=5月7日、福島県飯舘村「交流センターふれ愛館」 牧内昇平撮影

 白崎さんは昨年、「福島」にまつわる作品を相次いで作った。代表作が『更地のうた』だ。

♪このムナシサを どこにおこうか

立ち尽くす 立ち尽くす

更地になって草生い茂る わたしのおうちの場所で♪

 この歌詞は福島第一原発に近い福島県の浜通り(太平洋沿い)を訪れたときのインスピレーションで生まれた。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 4
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 4
ほっこり 2
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0