0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

田中俊介、舞台『ケンジトシ』は「難しいからこそ楽しみ」、14キロの減量や先輩俳優の“高速切り替え”に驚いた過去も語る

SNSでの感想
田中俊介さん。独自の“雰囲気”を持っている方で、取材序盤から引き込まれました! 撮影/山田智絵
目次
  • ひとりで台本を読んでいるときは孤独。人物像を共演者らと作り上げるのが楽しみ
  • 初主演作の役作りは「無茶をした」。草なぎ剛や矢本悠馬から受けた影響とは
  • 演じるときは観客側の目線も忘れない。自分自身に100点は出せないけれど──

「毎年、年に一度は舞台をやりたいなっていう思いがあります。欲を言えば2本くらい。稽古から本番まで、長い時間をかけてひとつの役に向き合って、チームで作り上げていく。その積み重ねの作業の中で得られるものが、本当に大きいなと感じるからです。そして、それは役者としてだけじゃなく、人としても豊かになれる期間だと思えるんです」

 そう話すのは、ドラマや映画、舞台などで幅広く活躍する俳優・田中俊介さん(32)。常に出演作の絶えない彼が次に挑戦する舞台『ケンジトシ』は、宮沢賢治と妹・トシを描いた物語だ。

 2020年6月に上演される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により断念、無期延期に。当初の予定から2年半の時を経て、'23年2月7日より幕を開けることが決定した。

 田中さんの役どころは、中村倫也さん演じる宮沢賢治と、黒木華さん演じるトシに関心を寄せる男の助手・ホサカ。年明けから始まる稽古に先がけて、意気込みや役との向き合い方、強く影響を受けた人物についてお話を聞いた。

ひとりで台本を読んでいるときは孤独。人物像を共演者らと作り上げるのが楽しみ

『ケンジトシ』は、わかりやすい物語ではないし、哲学的。でも、言葉一つひとつに温もりを感じる作品です。難しいからこそ、内容を噛みくだいていく作業が大変だろうけど、それも含めてこの作品の醍醐味(だいごみ)だとも思っています。いざ稽古が始まってみないとわからない部分が多いですが、信頼できる方たちが集まっているのは間違いない。演出の栗山民也さんをはじめ、共演させていただくみなさん、憧れてきた魅力的な方々ばかりなので」

 今作で宮沢賢治を演じるのは中村倫也さんだが、実は田中さんも、'20年の舞台『銀河鉄道の父』で宮沢賢治を演じた経験がある。

「その作品をきっかけに、宮沢賢治の生き方やトシとの関係性などをかなり勉強しました。別の作品なので人物のとらえ方は違いますが、宮沢賢治の人生や歴史は頭に入っているので、再びその世界観に入るにあたっては、大きなプラスになると思っています

 今回の『ケンジトシ』も、舞台をご覧になる前に少しでいいので宮沢賢治の作品に触れておいていただけると、より楽しめるのではないか、と思います」

 一度は延期になってしまった作品なだけに「待ち遠しかったし、ワクワクしています」と、田中さんの気持ちの高まりもいっそう強い様子。しかし一方で、

「舞台に限らずですが、台本を読んでひとりで準備しているときって、言ってみれば孤独なんです。自分なりに想像をふくらませてみるけど、どうしても独りよがりになりがちで、苦しい。現時点で僕が思い描いているホサカという人物は、きっと本番を迎えたときには、違うホサカになっていると思います。人物像は稽古が始まってから、みなさんと話し合いをしながら同じ空気を吸っていく中で、作り上げていくものだと思っているので、その作業がすごく楽しみですね

「舞台には、映像では味わえない密さがある。稽古がとても待ち遠しいです!」と田中さん 撮影/山田智絵
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1