0205
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

田中俊介、30代で見えた新たな自分「“給水所”で水を飲めるようになりました。人生の第2章が始まるのかな」

SNSでの感想
田中俊介さん。くしゃっとした笑顔がとってもまぶしい! 撮影/山田智絵
目次
  • 時の流れの早さに衝撃!小さいころは「大の人見知り。でも好奇心は旺盛だった」
  • 美容室でのモデルを機に芸能界へ。大物俳優の“意外なギャップ”に感激した過去も
  • 「役を通して自分自身も豊かになっていけたら」。30代になって感じた変化は?

「こんなに楽しい気持ちで撮ってもらうことって、なかなかないです」

 スタジオに大音量で流れる音楽に表情を緩ませ、リラックスした様子でカメラを見つめる。「彼は、マキシマムザホルモンが好きです」。そんなスタイリストさんからの助言を受け、同バンドの代表曲を流すと、ときおり身体を揺らしながら、さまざまなポージングで応えてくれた田中俊介さん(32)。その笑顔の柔らかさに目を奪われた。

 2023年2月7日より上演される、詩人で童話作家の宮沢賢治と、妹・トシを描いた舞台『ケンジトシ』。その舞台で田中さんは、中村倫也さん演じる宮沢賢治と、黒木華さん演じるトシに関心を寄せる男の助手・ホサカを演じる。

 すでに公開されたインタビュー第1弾では、『ケンジトシ』への思い、これまで演じてきた役、出会ってきた人たちとのエピソードなど、仕事のお話を中心に聞いた。今回は、“田中俊介”という人物について、さらに深掘りをしていく。

(インタビュー第1弾→田中俊介、舞台『ケンジトシ』は「難しいからこそ楽しみ」14キロの減量や先輩俳優の“高速切り替え”に驚いた過去も語る

時の流れの早さに衝撃!小さいころは「大の人見知り。でも好奇心は旺盛だった」

僕、最近ようやく『YouTubeショート動画』(※)を見始めました。たまたま流れてきて、面白いな〜って次から次へと見ていたら、あっという間に時間がたっちゃうんですよね。

 ショート動画の楽しさに気づいたときに、“あ、やっべえ、俺おっさんだわ。この楽しさに今ごろ気づいてるよ!”って(笑)。TikTokに関してはもう、ついていけていません……。でも考えてみれば、僕ももうすぐ33歳になるんですよ。自分でも信じられないです(笑)

(※ ’20年に導入された、60秒以内の短い動画からなるサービス。スマホでの視聴を前提とし、縦型の動画が多く投稿される。クリックの必要がなく、スクロールするだけで次の動画をスムーズに閲覧することが可能)

 1月28日に33歳の誕生日を迎える田中さんは、そう言ってくしゃっと笑った。

 小さいころはどんな子どもだったのか聞くと、「大の人見知りで、人前が苦手な恥ずかしがり屋だった」という意外な答えが。

「小学生のときって、国語の授業で、先生に指名されて教科書を読んだりしませんでした? それがすごく苦手で、指名されるだけで心臓がバクバクするし、声が震えてしゃべれないタイプでした。それが今では、こうして人前でお芝居をしている。子どものときの自分からすると、考えられないです。でも、昔から好奇心は旺盛だったかもしれません。きっと、人前が苦手って気持ちより、新しい世界に飛び込んでみたいという好奇心が上回ったんでしょうね(笑)。

 緊張するのは、今もずっとそう。公演初日の舞台袖では毎回、怯(おび)えている自分がいます。だけど、直前までどれだけ緊張していても、いざ舞台に立ってお客さまの前で芝居をして、終えた瞬間に拍手をいただいて……。そのときの喜びって、本当に気持ちがいいんです。楽しんでいただけた、それはイコール、“お客さんと一緒になって作品をつくり上げることができた”という達成感になる。それを味わうたびに、またやりたいなって強く思うんです

田中さんは常に穏やかな笑みをたたえ、丁寧に言葉を紡いでくれた 撮影/山田智絵
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1