0420
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

朝ドラ『ひらり』秘話。渡辺いっけいが「芸能人にはなれない」と思った瞬間と秘めていた「覚悟」

SNSでの感想
渡辺いっけい 撮影/松島豊
目次
  • 「朝の顔」じゃないのに……
  • ひらりよりも姉・みのりがタイプ!?
  • 石田ゆり子の「天然」と「ラブシーン」
  • 尊敬するディレクターの教え
  • 待ちに待った「舞台」に呼ばれて
  • 松重豊から愛ある「ダメ出し」

 渡辺いっけいの出世作『ひらり』は1992年10月から半年間にわたって放送されたNHK連続テレビ小説(脚本・内館牧子)。石田ひかり演じる相撲が大好きな女の子・ひらりとその家族、相撲部屋の力士たち、東京の下町の人々などの人間模様を描いて大人気ドラマとなった

 演じたのは両国診療所に赴任してきた青年医師・安藤竜太。ぶっきらぼうな中にも心根の優しさと男らしさがにじみ出て、ひらりの5歳上の姉・みのり(鍵本景子)からも思いを寄せられる。姉と妹がからんだ三角関係の行方は二転三転して──。

 折りしも昨年末から、実に30年ぶりの再放送がスタート。大相撲の中継や(!)国会の会期中に休止になる場合もあるが、月曜から金曜まで1日2話ずつオンエアされている(NHK総合16:30〜)。『ひらり』撮影当時のエピソードから、還暦を迎えた今日までとことん語ってもらったロングインタビューの後編です。(※インタビュー前編:渡辺いっけい「三谷幸喜さんと結婚式で……」。出会いに感謝! ご縁に導かれた俳優人生を語る

「朝の顔」じゃないのに……

「『ひらり』はNHKの方から所属事務所に石田ひかりさんの相手役ということでお声がけいただきオーディションに参加することになったのですが、正直あまり出る気がなかったんです。というのも当時の僕はバリバリの舞台役者として活動していて、27歳からはバイトをせずに食べていました。自分は芝居で身を立ててやるんだって思っていましたから」

渡辺いっけい 撮影/松島豊

「次の舞台の仕事も決まっていました。だから受かりたくなくて面接でもふてぶてしい態度をとって “僕、大きな役はちょっとできないんで” って言ってたし、“そもそも朝の連続テレビ小説の顔じゃありませんから” とも言ったんですよ。

 そしたら笑われたんですけど、笑ったあと真ん中にいた人が “でも今回、その朝の顔じゃないいっけいさんを出したいって思ってるんですよ” って切り返されて、僕も “ちょっと面白い人たちだなぁ” と思ったのはよく覚えています」

──『ひらり』の直前まで放送されていた朝ドラが橋田壽賀子先生の『おんなは度胸』。もう1つ前が『君の名は』で、もとは戦後に大ヒットしたラジオドラマ。その2本からガラリと雰囲気が変わって、ものすごく新しいドラマが始まった気がしました!

「主題歌はドリカム(DREAMS COME TRUE)ですよね。それまでテーマ曲はインストゥルメンタルだったのが、『ひらり』から歌入りの主題歌が一般的になったんです」

NHKオンラインの放送案内ページより。30年ぶりの再放送はNHK総合16:30〜

「現場はスタッフがまず若かったですね。プロデューサー含めて、新しいものをやりたいっていう気概に満ちていた。だから当時、不倫ドラマをバリバリやってた内館牧子さん(※)をあえて起用するとか」

(※)脚本家としての出世作はTBS系『想い出にかわるまで』(1990年)。姉妹と1人の男性(今井美樹、石田純一、松下由樹)が三角関係になるモチーフは『ひらり』にも生かされている。大の相撲通としても知られ、のちに女性として初めて横綱審議委員会の委員を務めた。

──女性の本音が生々しく描かれて、いま見ていても実に楽しいです(笑)。しかも、いっけいさんが演じる竜太先生が色っぽいんですよね。

「それは内館さんの書く男の人は魅力的ですから。どんなに憎まれ口をたたいても本当の意味の嫌なことを言わない。気持ちのカッコいい人ですよね。内館さんが書く男、イコール内館さんが惚れる男像みたいな」

── 親方(伊東四朗)もカッコいいでしょ。親方に惚れてる相撲部屋の女将さん(池内淳子)もカッコいい。

「そうなんですよ。みんなそれぞれ、島田正吾先生も花沢徳衛さん・石倉三郎さんの親子も(※)、素敵なセリフがちりばめられていて魅力的でした」

(※)ひらりの実家は「やぶさわ」という質屋で、父方の祖父・藪沢小三郎(島田正吾)が店主。両親は銀行の支店長(伊武雅刀)と専業主婦(伊東ゆかり)。母方の深川家は江戸っ子気質の職人で、金太郎(花沢徳衛)と銀次(石倉三郎)の親子が鳶(とび)をしている。

NHKアーカイブスの番組紹介より。左から花沢徳衛、渡辺いっけい、鍵本景子、石田ひかり

──朝ドラの場合、放送の5か月くらい前から先行して撮りはじめると思いますが、「これはいいものになるぞ!」っていう予感はありましたか?

とにかく台本が面白かったんですよ。現場でもらえるんですけど、手にとるのが毎週毎週すごく楽しみで。出演者もスタッフもみんなワクワクして “次どうなるの?” っていう

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 44
うるうる 0
ほっこり 22
びっくり! 1
なるほど! 12
きゅん! 4
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 44
うるうる 0
ほっこり 22
びっくり! 1
なるほど! 12
きゅん! 4