0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

渡辺いっけい「三谷幸喜さんと結婚式で……」。出会いに感謝! ご縁に導かれた俳優人生を語る

SNSでの感想
渡辺いっけい 撮影/松島豊
目次
  • 3日で覚えられるだけ覚えてこい!
  • 「劇団☆新感線」から背中を押してくれたのは
  • 三谷幸喜さんが「もう帰ってください……」
  • 妻も芸名の「いっけい」で呼ぶ
  • 松本若菜の明るいオーラに助けられた

 ご縁はフィーリングとタイミングとハプニング──。現在公開中の渡辺いっけい主演映画『マリッジカウンセラー』の劇中で、結婚相談所の仲人が語るセリフである。

 学生演劇からキャリアをスタートさせ、30歳のときに出演したNHK連続テレビ小説『ひらり』で一躍ブレイク。60歳の還暦を迎えてなお、出演作が相次ぐ渡辺いっけいの俳優人生もフィーリングとタイミングとハプニングの連続。数々の縁と出会いにいろどられた半生を駆け足でたどってみよう。 

3日で覚えられるだけ覚えてこい!

「生まれは愛知県宝飯郡(ほいぐん)の一宮町というところです。“平成の大合併” で豊川市と一緒になりました。それで僕も “とよかわ広報大使” をやっています。

 子どものころから特別に目立つ存在ではありませんでしたが、学芸会や文化祭のシーズンになると盛り上がるお祭り男タイプ。高校の文化祭で舞台に出たのをきっかけに、役者を目指すようになりました

 日大芸術学部を受験するも、マークシート(筆記)で脱落し実技まで進めず。1981年、当時は学科試験のなかった大阪芸術大学に進学する。

「舞台芸術学科といって演劇のコースです。4月に体力テストをかねた山登りがあったんですけど、僕ひとりだけへばって頂上まで行けなくて。先生に “もうお前、無理だな” “(役者じゃなくて)スタッフっていう手もあるから” ってダメ出しされました。

渡辺いっけい 撮影/松島豊

 授業の一環として1年間を通して全員で『ロミオとジュリエット』(シェイクスピア・作)をつくって年度末に発表するっていう課題があったんですけど、そんなんだからロミオとか大きな役はつかず。最初にお客さんの前に出ていって “これから舞台でお見せするのは……” ってプロローグを語る役をもらって、あとの2時間は小道具係をやるはずでした」

 ところが、ここで最初のハプニングが起こる。

「ロレンス神父っていう重要な役があるじゃないですか。ロミオとジュリエットを引き合わせる、まさに “マリッジカウンセラー” の役なんですが、その役に決まっていたカタヤマくんっていう役者さんが、夏休みすぎに大学やめちゃって戻ってこなかったんです。

 もう誰もやれないんですよ、ぜんぶ役を振られてるんで。ロミオは2人いて、ジュリエットは5人いるんですけど、とにかく脇の人も含めてみんなビシッと決まってるんで “渡辺しかいないな……” と。それで僕がそのロレンス神父に抜擢(ばってき)されるんです

 代役の話が出て3日後には、次の授業を行うことになっていた。「とにかく3日でセリフを覚えられるだけ覚えてこい」と言われて必死になった。

「これはある意味チャンスだったので。けっこうな分量があるんですけど、ぜんぶ入れて授業に臨んだんです。そしたら同級生たちが “おおっ!”って反応してくれて。

 のちのち聞いたんですけど、大学の先生も “あそこで本当にいっけいがやったのは偉かったし、セリフを覚えるっていうのは役者の資質のひとつなので、演技のうまい下手じゃなくて、アイツはそういう意味で資質があったよな” って、言ってくれたみたいです」

渡辺いっけい 撮影/松島豊

『ロミオとジュリエット』を上演したのはあくまで大阪芸大の学内の発表会で、観ているのは学生と家族ばかり。だが、そこでも出会いがあった。2学年先輩で『劇団☆新感線』を旗揚げする、いのうえひでのりが客席にいたのだ。

“あいつ気持ち悪いやつだな” って、すごく印象が強かったんですって。それがきっかけで、いのうえさんから『劇団☆新感線』に呼ばれるんです。だから、ぜんぶ出会いですよ。出会いと別れっていうか、そのカタヤマくんが大学やめたおかげですかね」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
感想をおしえてフム!
にこり 4
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0