0716
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

ボクの名前はくまモンだモン!熊本県の営業部長兼しあわせ部長として、ハッピーとサプライズを全国のみなさんにお届けするモン!このコーナーでは、思いをつづってみたり、ボクが参加したイベントをレポートしたり、お宝写真を大放出したり・・・いろんな試みを展開していく予定だモン。ボクの新しい一面を知ってもらえるきっかけになったらうれしかモン☆
 

かわいい

【現地密着ルポ】屋外での開催は6年ぶり! お天気に恵まれ、ステージもくまモンもたいぎゃ輝いた誕生祭☆

SNSでの感想
 シャンパンタワーならぬイチゴジュースタワー 撮影/亀山早苗 (C)2010熊本県くまモン
目次
  • 華麗なるバチさばきに“王子様姿”での挨拶、はじめからノリノリのくまモン!
  • 野球選手、ディレクター、駅長……変化自在のくまモンに会場は惚れ惚れ
  • 「火の国くまもとマスク」が大活躍! 終盤のダンスでさらにヒートアップ♪
  • スクエアでもハジけまくったくまモン。最後はみんなの愛に囲まれて──

 3月12日は、くまモンファンにとっては大事な日。そう、くまモンの誕生日だ。毎年、多くの「お友だち」が全国から熊本へと駆けつける。ご当地キャラも、子どもも大人もだ。2023年はなんと、2日間で9万人もの来場者を記録した。

華麗なるバチさばきに“王子様姿”での挨拶、はじめからノリノリのくまモン!

 2023年は11日、12日の2日間で、会場はくまモンの活動拠点である「くまモンスクエア」と、繁華街の中心地にある「花畑広場」。屋外での開催は6年ぶりだというが、12日は雨予報も出ていた。飲食ブースも数多く出ているため、天気だけが気がかりだった。

 今年のテーマは、ズバリ「祭り」だ。11日の花畑広場でのオープニングは、法被(はっぴ)にハチマキ姿のくまモンとくまモン隊による、宇土天響太鼓のみなさんとのコラボ。大きな和太鼓を見事に打った。バチさばきが美しく、くまモン隊との息もバッチリだ。

和太鼓の演奏で序盤から大盛り上がり!

 12日はステージでの演奏のあと、桶太鼓を持って客席を練り歩いた。こちらも見事にきれいな音で叩いていた。くまモンは毎年、誕生祭にはさまざまなことにチャレンジした結果を披露してきた。今年の和太鼓もよほど努力を重ねたのだろう。

ハチマキを締め、大きな桶太鼓で練り歩き♪

 そのあとは蒲島郁夫・熊本県知事のご挨拶。蒲島知事は「王子様」の衣装をまとったくまモンと手をつないで登場! くまモンの魅力と、これからのくまモンランド化構想を説明し、「今後もますますくまモンが活躍することを信じてやまない」と締めくくった。

蒲島知事と“ラブラブ”なくまモン。王子様の衣装も抜群に似合ってる!

 地元のキャラとしては、鞠智(きくち)城のさきもり・ころう君、宇土市のうとん行長しゃん、人吉温泉観光協会からヒットくん、大津町のからいもくんが登場。さらには近隣の福岡県大牟田市からジャー坊、島根県のしまねっこ、群馬県のぐんまちゃん、栃木県佐野市のさのまる、計8人が駆けつけた。さすがくまモンの誕生祭だけあって、有名どころが顔をそろえる。

 大勢のお友だちとわちゃわちゃするのを見るのも、大きなイベントの楽しみのひとつ。さらにお友だちは会場内で撮影に応じたり、楽しいPRステージを見せてくれたりもした。

とっても可愛い「お花のケーキ」のプレゼントも!
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy