0624
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
バラエティ

【追悼】ムツゴロウこと畑正憲さん、動物愛が深すぎる驚愕エピソード3選

SNSでの感想
畑正憲さん
目次
  • 漫画の主人公だったムツゴロウさん
  • 仰天! 動物のウンコをペロリ!
  • 動物との「じゃれ合い」は命がけ
  • ライオンとのスキンシップで指を失う

【問題】

 人気作家で、“どくとるマンボウ(『どくとるマンボウ航海記』新潮社)”といえば北杜夫(きた・もりお)、では、“ムツゴロウ”といえば誰でしょう?

【答え】

 畑正憲(はた・まさのり)

 この問題は、以前、私も出演していたクイズ番組がたくさんオンエアされていたころ、数えきれないくらいに繰り返し出題された「定番問題」でした。

 それほど畑正憲さんは、「誰もが読んでいる作家」くらいの人気者だったのです。

 かく言う私も、たいして本を読んでいたわけではない中高生時代に、畑さんのエッセイを何冊も読み、楽しませていただいていたものです。

 去る4月5日。その畑正憲さんが亡くなりました。

 今回は、当時私がリアルタイムで見た、畑さんの驚きエピソード選。

◇   ◇   ◇

漫画の主人公だったムツゴロウさん

 私が、初めて畑正憲さんの名前を知ったのは、1973年7月の小学生のころ。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で、無人島に渡った畑さん一家を主人公にしたマンガ、『ムツゴロウの箱舟』の連載が始まったのです。

 原作はもちろん畑さんで、構成・絵は山本まさはる・矢代まさこさんのおふたり。優しいタッチの絵で、少しだけギャグマンガなテイストでした。

 メインストーリーは、畑さんが家族を連れて無人島で生活を始め、“ヒグマと暮らす夢”を実現していくというもの。このヒグマは、畑さんの著書『どんべえ物語』(角川文庫)でも有名な、「どんべえ」ですね。

 連載は、翌年の3月に終了していますので、約9か月間という連載期間でしたが、私にとっては、畑さんのエッセイを読むきっかけになったマンガでした。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy