0528
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ヘルス

TikTokで100万回再生、指先がふくらむ疾患“バチ指”を持つ美容師が、「手がキレイな男の子はカッコいい」の評価基準に苦しんだ思春期

SNSでの感想
今回お話をお伺いした吉田彰吾さん 写真/本人提供
目次
  • TikTokで100万回再生!「この指はなんだ」と多くのコメントが殺到
  • 指の異変に気づいた思春期。デッサンをしていたら「あれ、ほかの子と違う?」
  • 高校生で転機! とある男子の強烈なdisによって変わった運命

 世界でも非常に少ない疾患といわれる肥厚性皮膚骨膜症(ひこうせいひふこつまくしょう)。すべての指先がふくらみ、太鼓のバチのような形状のため通称「バチ指」と呼ばれている。

 名古屋市で美容師をしている吉田彰吾さんは、「バチ指」に関する知識や、自身の体験談をSNSで発信し、注目を集めている。TikTokのフォロワー数は13万人超えで、「コンプレックスを個性と思えばいい」という吉田さん。

 子どものころは、自分の指が好きじゃなかったという。SNSで発信をするようになったきっかけ、バチ指と気づいた瞬間、コンプレックスに感じていた思春期を、どのように乗り越えてきたのか話を聞いてみた。

◇   ◇   ◇

TikTokで100万回再生!「この指はなんだ」と多くのコメントが殺到

 SNSで、バチ指について発信をしようと思ったきっかけは、何だったのだろうか。

「僕が店長になったばかりのころです。2021年の10月。美容院をもっと知ってもらうためにTiktokを使ってみようかなと、ヘアスタイルの投稿を始めました。2回ほど上げてみたんですけど反応がイマイチで、少しの間放置してたんですよね。

 どうせならちょっと趣旨を変えて、自分の指について発信しようかなと思って。最初は“同じ指の人、どれぐらいいますか”って、指を動画に撮り投稿をしたんです」

“もし再生されたとしても、数百人くらいだろう”と思っていた吉田さん。ところが予想をはるかに超え、再生数は100万回を超えた。コメント欄には、「なんだこの指!」など、指に関するコメントが多く寄せられたとか。

「想像以上の反響に驚きました。こんなに知らない人がいるんだって。自分では当たり前の指だけど、それが当たり前じゃない人にとっては、こういう反応になるんだなと実感しました。

 それなら、バチ指を周囲に伝えていく余地もあるし、何かできることがあると思ったので、とりあえず説明をしなきゃなと。バチ指という症状について説明したりとか、聞かれる質問に対して答えたりっていうのを、動画に上げていった感じですね」

 TikTokで発信活動を始めると、「家族がバチ指です」というコメントが多く届くように。しかし、それは「マムシ指」と呼ばれるものではないかという。

「コメントで家族が同じ指だっていう人は、本当にものすごいたくさんいたんです。でもたぶんそれはマムシ指といって、 形状は似ているのですが、爪が短く、親指だけに症状が出るんですね。

“そのへんの誤解を解かないとな”と……。やっぱりきちんとした説明が必要でした。家族ではなく本人から“同じバチ指です”と連絡いただいたことも、2回ありましたね」

 日常生活を行う中で、どのような不便があるのだろうか。

「細かい作業とか指先を使うことは、本当に苦手で、手こずります。例えば、本などのページをめくる作業とか、つまようじを1本取るとか、 1円玉を拾うとか。

 マグカップの取っ手も指が入らない。ハサミも指を入れることができないし、具体的な例をあげると結構キリがないぐらいあります」

TikTokにアップしたところ100万回再生された動画のサムネイル写真。現在は970万再生を超えている 写真/本人提供
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy