0723
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

再放送で注目の朝ドラ『ひらり』の姉・鍵本(かぎもと)景子「石田ひかりちゃんはずっと“みのりちゃん”と呼んでくれます」

SNSでの感想
鍵本景子 撮影/松島豊
目次
  • ぐちゃぐちゃしている「みのり」に共感
  • 石田ゆり子と「姉」同士がご対面!?
  • 新たな「三角関係」にびっくり
  • 夏目雅子さんが一緒に遊んでくれた
  • 声の仕事は『魔女の宅急便』から
  • 第24回月夜の幻燈会 宮澤賢治 作『黄いろのトマト』

 「朝ドラには全部で5本出させてもらいましたが、『ひらり』は本当に特別な作品です。

 いま再放送を見ると、当時は自分のことだけで精いっぱいだったのが、あらためてドラマ全体を俯瞰(ふかん)できて本当に面白いお話だなぁと。ギャハハと声をあげて楽しんでいます」

 NHK連続テレビ小説『ひらり』でヒロイン・ひらり(石田ひかり)の姉で「恋のライバル」でもある “みのり” を演じた鍵本(かぎもと)景子さん。

 久しぶりにお会いすると、30年前(放送は1992〜93年)と変わらぬスリムな体型に張りのある声で、みのりのある人生を送っている様子が感じられた。収録当時の思い出やその後のエピソードなど、たっぷりと話を聞かせてもらった。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy