0519
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#4】綾という悲しみと、竹雄とボクテと

SNSでの感想
『らんまん』で綾を演じる佐久間由衣と竹雄役の志尊淳
目次
  • 自分のことをネガティブに語る綾
  • 『半分、青い。』でもヒロインに寄り添った志尊淳

 『らんまん』第4週、万太郎(神木隆之介)と綾(佐久間由衣)はやぶから棒に「おまんら2人、めおとになれ」と命じられた。そこから幸吉(笠松将)が既婚者だと発覚し、なんだかんだを経て、綾は万太郎との結婚を受け入れると表明する。オーマイガッ! 

 幸吉は一瞬の農作業シーン(妻に汗を拭いてもらっていた)を最後にフェイドアウトするらしく、「たぶん退場しない」などと1週間前にこのコラムで予告してしまった私は、綾以上につらい。というのはウソだが、どうでしょう、この展開。

ドラマ『TOKYO VICE』記者会見に出席した笠松将 撮影/廣瀬靖士

 「めおと」を命じたのは祖母・タキ(松坂慶子)で、2人は実はいとこ同士だという。姉弟として育ってきた2人だから、それぞれが「無理」と反応する。当然だと思うけれど、タキはこう返す。「おまんらは、いびつながじゃ」。万太郎は当主なのに植物に夢中、綾は女なのに家業に執着している。だから一緒になればちょうどいいし、峰屋も安泰。そういう理屈だった。

 「人より家」の祖母に綾は、「私にも好きな相手ぐらいおったがよ」と叫んだ。家を飛び出し、走り、幸吉のいる村に着き、既婚者だと知る。再び走り出し、山道で転ぶ。そこで、綾の台詞。「何をやりゆうがじゃろ」。

 よくわかった。誰かを好きになって、勝手に突っ走った挙句、完全に一人相撲だと知る。カッコ悪いこと、この上なし。何をしてんだろう。自分で自分が情けない。そんな体験をしてない女性がいたら、会ってみたい。きっと全国の女性視聴者が、「わかる、わかる」とうなずいていただろう。が、そこからなぜか自由民権運動の集会場面になる。えーー。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy