0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ゲーム・ネット

『VALORANT』国際大会、日本開催が決定!ラッパー、映画監督を目指していたOooDaさんが"ゲームキャスター"という職業の第一人者になれた理由

SNSでの感想
ゲームキャスターのOoodaさん 写真はすべて本人提供
目次
  • オタクが苦手だったOooDaさんがオタクになるまで
  • ゲームにまっすぐで将来の不安なんてなかった
  • e-Sportsは競技でなく娯楽だから実況では「熱量」を意識

 2021年に国内市場規模が70億円を超え、今後100億円以上の市場規模が予想される「e-Sports」。2023年にはFPSゲーム『VALORANT』の公式国際大会“VCT Masters 2023”の日本開催が決定し、今後日本のe-Sportsにおける躍進に期待が集まっている

 今回はそんな大会に携わり、ゲームキャスター(ゲームの実況・解説を行う人)として活躍するOooDa(オーダ)さんに取材。ラッパー・映画監督を目指していた過去、自身が感じたゲームの魅力、キャスターとしての道を歩み始めたきっかけに迫った。

オタクが苦手だったOooDaさんがオタクになるまで

──OooDaさんは現在、「ゲームキャスター」として活動されていますが、もともと学生時代からゲームが好きだったんですか?

「そうですね。僕は活動のテーマとして“好きなものに自信を持つこと”を大事にしているんですが、もともと高校生から20歳くらいのときは、好きなことに傾倒しているオタクっぽい方が苦手だったんですよ。

 当時は陽キャではなかったんですが、ヒップホップが好きでラッパーになりたくて“自分はチャラい奴だ”ということに謎に誇りを持ってたんです。“オタク文化? 何それ?”って思ってしまっていたんですよね……

──意外ですね。そこからどうやってゲームにハマっていくのかが気になります。

「いま考えたら本当に視野が狭かったんですよね。それで10代のころは大阪でラッパーを目指していたんですけど、20歳のときに人間関係で悩んで引きこもってしまったんです。もう周りとの連絡手段をシャットアウトして家から一歩も出ない、みたいな。

 そんな生活のなかで“このままじゃダメになる。何かを変えたい”と。それで“自分がやりたいことって何だろう”って、部屋でずっと考えていたんですね。その中で映画を撮ってみたいなと思いました」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 1