0524
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ゲーム・Web

『ぷよぷよ』の成功から裸一貫となり『にょきにょき』でまた借金、ゲーム制作者・仁井谷さんが目指す大逆転劇

SNSでの感想
自身も自己破産を経験した仁井谷正充氏 撮影/伊藤和幸
目次
  • 『ぷよぷよ』から『にょきにょき』
  • 年金は借金500万円の返済に
  • 僕の視聴者、8割とか9割はコリアン
  • FXでもうけてNintendo Switch版を出したい

 それまで「男の子の遊び」という印象が強かったテレビゲームを「女の子が夢中に」「家族みんなで楽しめる」娯楽に昇華させた作品が、1991年の『ぷよぷよ』。同作を世に出した株式会社コンパイルの創業者にして社長だった仁井谷正充氏は現在、家賃5万円のアパートの1室でこたつに入り、自分で作った料理を食べたりゲームをプレイする様子をひたすら流す、白髪の年配YouTuberになっていた──。

 インタビュー前編『女の子を夢中にさせた『ぷよぷよ』を作った仁井谷さん、年商70億円からの転落「夢は『ぷよぷよランド』だった」』では、『ぷよぷよ』をヒットさせて最盛期は年商70億円も稼ぐも、その後一転、負債総額90億円を抱えて倒産するまでの半生を聞いた。

 コンパイルの失敗とともに仁井谷さんも自己破産。『ぷよぷよ』の権利も売る羽目に。ちなみに『ぷよぷよ』ヒット前の39歳の時に1度結婚するも、1年以内に離婚している。完全に裸一貫となった氏はその後、転々と……。

仁井谷さんはこの部屋で生活し、YouTubeを配信し、新しいゲームの構想を練る 撮影/伊藤和幸

『ぷよぷよ』から『にょきにょき』

「基本的には普通のちょっとしたアルバイト。特に40、50代になったらもうダメなんですよ、仕事ないんだよ。だから警備員とか。時にはゲーム系の専門学校の講師とかもしてましたけども、それも流れの中で立ちいかなくなって、また警備とか

 そんな生活の中で、“賭けてみたい”と思えるアイデアが浮かぶ。

『ぷよぷよ』に関して言うと、改善できる点がある。2つに絞ると、1つは、連鎖を組むのに時間がかかるんですよ。特に6連鎖、7連鎖やるためには4~5年くらい練習しないと。これがツラい。それって遊ぶ人を選んじゃうわけじゃないですか。最初のうちはみんな遊んでたんだけど、そのうち“私は連鎖できない”ということで離れていくわけです

──もう1つは?

遊び始めて1週間の子と、マスタークラスの人が対戦すると、100対0で勝てない

──あっという間にやられますからね。

「そうそう。100人のうち数人しか何年も継続して遊ぼうと思わなくて、しかも新規の初心者がすぐ諦めちゃう。この2つを改良したいと思って、新しいゲームを考えてみたんです。それが2016年に出した『にょきにょき』なの

『にょきにょき たびだち編』より (c)COMPILE-○ INC. / (c)D4Enterprise Co., Ltd.

──構想はいつから?

「今からもう10数年前。例えば、ここに初心者とゲーム好きな子が10人くらいいるとするじゃないですか。遊び始めると1時間後に全員でドカーンと面白おかしく、しかも、個々人が自分なりの作戦を持って遊べる。後ろで見ている人も、“ああしなさい、こうしなさい”ってコメントができる。80歳、90歳のじいちゃん、ばあちゃんが、“ちょっと私もやらせて”というふうに言える。お絵描きする感覚で3歳児も遊べる。

 しかもね、ここが大事なんだけど、1週間やり込んだ人と初心者がやったとして、50対50とは言えないけど、70対30ぐらいは、初心者も勝てる

──それはなぜ?

囲碁、将棋、ゴルフと同じで、ハンディキャップがつけられるの

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 10
うるうる 24
ほっこり 6
びっくり! 38
なるほど! 11
きゅん! 9
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 10
うるうる 24
ほっこり 6
びっくり! 38
なるほど! 11
きゅん! 9