0415
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

東日本大震災や介護、新興宗教、障がい者への差別……映画『波紋』出演の光石研が社会問題を描く作品に出る理由

SNSでの感想
光石研さん 撮影/松嶋愛、ヘアメイク/山田久美子、スタイリスト/下山さつき(クジラ)
目次
  • 本作で女性のイメージが一変
  • つかみどころのない、身勝手な男の最期
  • 「この作品は純喜劇。ちゃんと笑ってもらいたい」
  • 荻上さんの心の中にある社会に対しての「牙」を出してきた作品

 子どもへの愛にあふれた優しい父親から迫力ある組織の幹部まで、長いキャリアの中で幅広い役柄を演じ、今や「名バイプレイヤー」としてドラマや映画に欠かせない俳優の光石研さん。

 そんな光石さんが出演する映画『波紋』が、5月26日から公開されます。ある一家を通して、現代社会の闇や女性の不安、苦労を淡々と描いた本作。光石さんが演じたのは、ある日突然失踪し、11年後にひょっこり妻の元に帰ってきた須藤修。

 演じた役や作品についてはもちろん、本作で監督と脚本を務める荻上直子さんや妻を演じた筒井真理子さんとのエピソード、社会派の作品に出演する際の俳優としての思いなどをお話しいただきました。

本作で女性のイメージが一変

――まずは今作の脚本を読んでどんな感想を持ちましたか?

 大変面白く読ませていただきましたが、「女性って怖いな」というのが率直な感想でした。

 僕は幼いころから「女性」という存在は母しか深く接してこなかったものですから、女性って「聖母」のようなところがあるとずっと思っていたんです。もちろん、ドラマなどで女性の怖いところも見てきましたが、今回の脚本を読んだら「陰ではこんなことしていたのか」とか「実はこんなことを考えていたのか」というのが妙にリアルでしたね。

――修の妻・依子は、突然いなくなって突然帰ってきた夫への「仕返し」として、修の歯ブラシで洗面所をこすったり、水道水を飲ませたりということをひっそりとやっているんですよね。

 夫婦とはいえ、所詮は他人同士ですし、裏の顔や本当は何を考えているかわからないものだなと思いました。もしかしたら、僕だって歯ブラシぐらいやられているかもしれないですからね(笑)。この映画に出てから女性を見る目が変わりましたから、僕も妻にそういうことをされないように、より一層気をつけようと思います。

フムフムニュースのマスコットキャラクター・フムッフィーを優しく包み込む光石研さん 撮影/松嶋愛

――そんな妻の依子役を演じられた筒井真理子さんとの共演はいかがでしたか。

 筒井さんはこの役に全身全霊を捧げていました。難しい役ですからね、撮影期間中は相当張り詰めていたと思います。

 最後のフラメンコは圧巻でしたよ。僕はその撮影のとき、隣の控え室から見ていたんですけど、さすがでした。雨ざらしの中、本当に大変だったと思いますけど、依子がいろいろなことから吹っ切れた「解放の舞」みたいなものを感じました。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0