0713
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

<Netflixシリーズ『離婚しようよ』見どころ解説#1>全開の宮藤官九郎ワールド×大石静の情念描写が胸を熱くする

SNSでの感想
Netflixシリーズ『離婚しようよ』は2023年6月22日(木)よりNetflixにて全世界独占配信
目次
  • 炸裂するクドカンワールドに水滴のごとく落ちる大石静の情念描写
  • 握手と頭脳戦が応酬する選挙シーン。観終わると「あれ、選挙っておもしろいかも」

 昨年の情報解禁からずっと楽しみにしていたNetflixシリーズ『離婚しようよ』の配信が6月22日より、いよいよ始まる。昨今、オリジナルの良作品を次々に生み出しているNetflixが配信し、地上波放送TBSによる制作。そして脚本は恋愛ドラマの名士・大石静と、クドカンこと宮藤官九郎による共同脚本。こんな豪華な作品が観られるなんて、大袈裟だが令和まで生きてきてよかった。

 というのも私こと、小林久乃。ドラマオタクが高じて上梓した『ベスト・オブ・平成ドラマ!』(青春出版社刊)でも「アイラブ宮藤官九郎」という文章を綴ったほど、クドカンファンである。脚本を手がけた作品はすべて視聴済み、死ぬまでの夢は彼と酒を酌み交わすこと、とまで言い切っている。そんな私がみなさまよりも一足早く『離婚しようよ』を観させていただいた。いや〜、面白かった。単純な表現になってしまうけれど、これに尽きる。そんなオタク視点でくまなくチェックした見どころを紹介していこう。

<あらすじ>
 政治家一家に生まれ育った、東海林大志(松坂桃李)と、人気女優の黒澤ゆい(仲里依紗)が離婚を決意した。夫婦そろっての不貞、家庭環境とさまざまな問題を経て、ふたりが出した結論である。ただ普通の関係性ではない彼ら、別れようにも一筋縄ではいかない。大志の選挙活動はどうする? ゆいの奥様キャラでリリースされているCMの違約金はいくらになる? と、尽きることのない問題が勃発。世間から理想の夫婦と言われたふたりが最終的に選ぶ道とは……。

炸裂するクドカンワールドに
水滴のごとく落ちる大石静の情念描写

 見どころとしてまず念頭に置いてほしいのが、全体を見渡すと宮藤官九郎節が全開であること。今の社会人であれば一度は触れたことがあるであろう、彼の作品には独特のクセがある。例えば、今回はメインロケ地に愛媛県を選んでいる。この地域は大志の選挙区であり、ゆいのブレイク作品となった連続ドラマ『巫女ちゃん』の舞台。一瞬「愛媛県……?」と脳内が迷宮入りしてしまう。恥ずかしながら、愛媛県には柑橘のイメージしかわかない。ただこれは宮藤氏が手がけたドラマは顕著に見られる傾向のひとつ。

Netflixシリーズ『離婚しようよ』より

『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)、『木更津キャッツアイ』(ともにTBS系列・2002年)では、ニッチな地域をロケ地に選び、タイトルにもつけて、聖地巡礼ブームを起こした。朝ドラ『あまちゃん』(NHK総合・2013年)では東日本大震災以降、制作陣が触れることを避けた東北を舞台にした。ちなみに宮城県は彼の出身地でもある。今回の愛媛県も、観光客量にブーストがかかるかもしれない。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy