0526
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
ドラマ・映画・舞台

【朝ドラ『らんまん』ここが気になる#14】万太郎が子どもっぽすぎて、周囲の大人が真っ当になる構図

SNSでの感想
『らんまん』で槙野万太郎を演じる神木隆之介 撮影/伊藤和幸
目次
  • 身分格差の現状を万太郎に教えた佑一郎
  • 長田郁恵さんの脚本に自分の仕事人生が重なる

 『らんまん』第14週、万太郎(神木隆之介)は田邊教授(要樹)から「私のものになりなさい」と言われた。教授専属の「プラントハンター」になれという提案で、断ると今度は「何の身分もない、何の保証もない、小学校も出とらん虫ケラが」と言われていた。

 虫ケラってあんまりではある。が、それ以前の田邊の話は、あながち間違っていないと感じた。東京に戻った万太郎は、土佐で採取した新種らしき標本を東大に持っていった。それを教室ではなく、あえて自分の家で開かせた田邊はもはや想定内で、問題はそこから。田邊は万太郎の立場を、「見つけるが、発表できない」と規定した。

 次の植物学会誌に万太郎は寄稿できないことを匂わせ、万太郎を動揺させる。そして今後の身の処し方について、大学予備門に4年通って東大を受けるか、留学するかどちらかだと言う。そんな遠回りはできないという万太郎には「遠回りをするからこそ、正しいものに出会える」「学歴さえあればいい」「私ならさっさとやり直す」と続ける。その間に他の人がどんどん新種を見つけてしまうと万太郎が言うと、「おかしいな。君は植物が好きなんだろう。遠くから喝采を送ればいい」と返した。筋の通った指摘だろう。

『らんまん』で東大教授の田邊彰久を演じる要潤 撮影/高梨俊浩

 「最後の提案」が「私のものになりなさい」だった。「遠回り」を万太郎が否定するとわかっての作戦だろう。が、万太郎は「田邊のもの」になれば、発見者として名を残せないと断った。正しい選択とわかりつつ、「予備門→東大」「留学」でもいいのにと思う。万太郎の頭脳なら、植物学教室に通える権利を行使し続けても東大は受かるだろう。留学の間に誰かが新種を見つけても、万太郎の情熱があればすぐに取り戻せるはずだ

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy