0613
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
生き方

「いじめられていたとき、ギャルに救われた」ギャルカルチャーの伝道師・うさたにパイセンの原体験とは

SNSでの感想
うさたにパイセン ※写真は本人提供
目次
  • テレビで観た黒ギャルに憧れを抱いた小学生時代
  • いじめられていた時期にギャルに救われる

 ギャルは最強だ。あの無敵のメイク、無敵のファッション、そして無敵のマインド。トラブルがつきものの人生だって、楽しくポジティブに乗り越えてみせる。あの奔放(ほんぽう)さに憧れる10代、20代は多いだろう。

 特に今はSNSの普及もあり、常に誰かとのコミュニケーションが発生する。以前より人間関係が複雑になり、たまには傷ついて泣いちゃうこともある……。そんな令和だからこそ、あの底なしに明るい「ギャル」は必要な"カルチャー"だ

 そんなギャルカルチャーを日本だけでなく、海外にも伝えているのが「うさたにパイセン」。『Ranzuki』『ageha』などのギャル雑誌のモデルを経て、今ではインフルエンサーとしても活動。「ギャルの教科書」と銘打ったYouTubeチャンネルの登録者は40万人以上と、多くの人の共感を得ている。

 そんなギャルを究めたうさたにパイセンに「ギャルって何?」「ギャルに目覚めたきっかけは?」などのテーマで話を伺った。

テレビで観た黒ギャルに憧れを抱いた小学生時代

──うさたにパイセンさんの今の活動を教えてください。

“ギャルを広める”というテーマでお仕事をしています。メディアでギャルを発信したり、国内外でいろんな人にギャルメイクをさせていただいたり……。アニメとかマンガみたいに、日本の代表的なカルチャーとして海外にも広まってほしいなって思っています

──ここまでの熱量でギャルを続けているのが、すごくカッコいいと思うんですが、いつごろギャルに憧れたんですか?

小学生のころにはもうギャルに憧れていました。小2のときにめざましテレビ(フジテレビ系)の『イマドキ』っていうコーナーで黒ギャルがルーズソックスを紹介してたんですよ。それを見て“え、超かわいい”って思ったのは、めっちゃ覚えていますね

──早いですね。小学生で黒ギャルに憧れが芽生えるのって、わりと珍しい気がします。

「私、福島出身で周りにギャルが皆無だったんですよ。だから黒ギャルとかルーズソックスが珍しくて心に響いたのかも(笑)。

 それで小5のときに、100円均一でアイライナーを買って。あとマスカラを塗ったり。黒ギャルになりたかったから、真夏でも絶対日焼け止めは塗らずに登校してた(笑)」

──それは親御さんも公認で?

「いや、めっちゃ厳しい家庭だったんで、お母さんには内緒にしてましたね。メイクに関しては、姉がバンギャだったんで、今でいう地雷系っぽいメイクをしていたんですよ。その影響もあったかもしれないです」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy