0624
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ
生き方

ギャルの伝道師・うさたにパイセンに聞く、すべてを肯定するポジティブなギャルマインドを持つ秘訣

SNSでの感想
うさたにパイセン ※写真は本人提供
目次
  • ヒョウ柄のTシャツを着るだけで強くなれる
  • 「自分と違う」を否定せず受け入れるギャルのマインド
  • 今後はギャルメイクができる店舗をオープン予定

 モデルとして活動しつつ、YouTube登録者数は40万人以上と、インフルエンサーとしても活動するうさたにパイセン。テレビをはじめ数々のメディアに出演しつつ、世界を飛び回りギャルを布教するバイタリティには脱帽だ。

 前半ではうさたにパイセンがギャルに憧れた原体験について聞いた。後半ではギャルのポジティブマインドを持つ秘訣、うさたにパイセンの今後の活動などを伺う。

【前編→「いじめられていたとき、ギャルに救われた」ギャルカルチャーの伝道師・うさたにパイセンの原体験とは

ヒョウ柄のTシャツを着るだけで強くなれる

──前半で「ギャルのファッションやメイクをすることで、メンタルも強くなれた」というお話がありました。やっぱり変わるものですか?

人によるとは思うんですけど、私は超変わりますね。今でもヒョウ柄のTシャツを着るだけで強くなれるんですよ(笑)。

 やっぱりいきなり内面を変えるのは難しいじゃないですか。でもファッションはすぐにでも変えられる。ギャルにとってファッションって"武装"なんですよね。服もメイクもヘアケアも完璧に武装するから自信を持てる、みたいな」

──めっちゃ合理的だし素敵ですよね。ただ最初にギャルのファッションをするときはちょっと勇気が要りそうな気もします。

「正直、最初は勇気が要りました。親が教育熱心だったし、地元の福島にギャルはあんまりいなかったので、一緒に外を歩いてたら“恥ずかしいからちょっと離れてよ”とか言われたり(笑)。でも“ギャルファッションをする”って自分で決めたことが大きかったですね。

 それまでは親の意見に従って大人しく生きてきたけど、初めてやりたいことを自分で選べた。そこからは“やりたいことをやれない人生って何?”って思えるようになって、すごく楽になれたと思います

──なるほど。「ギャルのファッションに身を包むこと」だけでなく、自分でやりたいことを選べたのが大きかったんですね。

「そうですそうです。でも正直、ファッションは"慣れ"なんで。1回ギャルファッションで外出ちゃったら、2回も3回も一緒ですよ(笑)。

 そうしたら誰かから“かわいい”って言ってもらえるから、“あ、これでよかったんだ”って安心できるんですよ。それで堂々と人前に出られるようになっていくし、どんどん自信がついていくと思います」

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy