1002
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -

命を奪う殺人や大事故、社会的関心の高い子どもの虐待死などは、その背景にまで踏み込んだ続報であふれている。しかし、日々新たに発生するニュースに呑み込まれてほとんど続報されない事件も……。そんな、ちょっと気になっていた“あの事件”を独自に追う。

渡辺高嗣「続報のないニュース」

《横浜》認知症の父親を殴って死なせた“優しい息子”、後悔にじむ悲しき救命措置

SNSでの感想
佐藤さん宅は高台にあって周囲から様子が見えにくい
目次
  • 「優しい子だからこそ…」

「息子さんが実家に戻ってご両親と同居しているなんて知りませんでした。ほとんど近所付き合いのない一家でしたから……」

 と、事件現場の民家近くに住む女性は話す。

 痛ましい事件が明るみにでたのは正月3日の午前3時半ごろのこと。

 横浜市保土ヶ谷区の民家から、

「父親の意識がない」

 などと119番通報があった。

 駆けつけた救急隊によって、この家に住む無職・佐藤三郎さん(73)は病院に搬送されたが、同日午前5時35分に死亡を確認。神奈川県警保土ヶ谷署は同日夕、三郎さんに暴行を加えたとする傷害の疑いで、同居する長男の無職・聖一容疑者(44)を逮捕した。

 なぜ、父親に手をあげたのか。

 地元を担当する記者の話。

「三郎さんは重度の認知症を患っていた。昨年初めごろ病状が悪化し、聖一容疑者が介護するために仕事を辞め、昨春ごろから実家に戻っていた。ところが昨年12月30日ごろ、自宅内で三郎さんが暴れだしたらしい」

 聖一容疑者は三郎さんの顔面や腹部を複数回、殴りつけた疑いが持たれている。

「警察の取り調べに対し、聖一容疑者は“父親を押さえつけようとして手を出してしまった”などと供述している。三郎さんは顔面打撲のほか、肋骨(ろっこつ)を折るケガを負っていた。司法解剖などで暴行と死亡の因果関係が認められれば、傷害致死容疑に切り替わるだろう」(同記者)

 暴行があったとされる12月30日前後、近隣宅には怒鳴り声も大きな物音も聞こえてこなかったという。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0