0523
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
暮らし

『プレバト!!』で注目の夏井いつき先生直伝、モヤモヤを発散させる“悪態俳句”のススメ

SNSでの感想
夏井いつき先生
目次
  • 冷えた夫婦関係が俳句で再生
  • 負の感情を作品に昇華
  • 客観的に見て表現する
  • 腹が立つときこそ俳句作りのチャンス
  • 怒りをユーモラスにクールに表現する
  • あなたも投稿! 悪態俳句

 趣味人たちのものだった俳句が、バラエティー番組『プレバト!!』で一般にも幅広く大人気になっている。一度始めてみると、俳句の魅力は奥深い。ただ俳句を鑑賞したり、自分で詠むだけでなく、人生そのものまで変わってしまったという人も。話してくれたのは、名物講師で俳人の夏井いつきさん。

冷えた夫婦関係が俳句で再生

「仕事人間だったご主人が定年を迎えて家にいるようになって、ご多分に漏れず、会話が全くないというご夫婦がいたのね。奥さんは、卒婚するか、離婚するかとまで考えていたそうなの。それがプレバトを見るようになって、会話が復活。

 梅沢さんの句が面白いとか話すうちに、自分たちも俳句を作るようになり、今では2人で“吟行(俳句の題材を求めて名所などを訪れること)”にも行かれるんですって。

 私の句会ライブにもそろって来てくださって、2人で頭をくっつけるように歳時記を見ている姿からは、離婚まで考えたというのが信じられなくて。夫婦関係が、俳句で再生されたってわけなのよね」(以下、夏井さん)

 この夫婦だけでなく、にわか俳人が急増中だ。

 こうした現象を興味深く見ているのが、精神科医で脳の働きと老化を研究している和田秀樹さん(和田秀樹こころと体のクリニック院長)だ。

「脳の前頭葉は、40代ごろから萎縮し始めます」

 前頭葉は、感情のコントロール機能や、自発性・意欲、創造性を司っている。その前頭葉が衰え始めるのが40代だという。

前頭葉の若さを保ち、感情の老化を防げれば、ボケ状態も阻止できます。俳句は、創造力を磨き働かせて前頭葉を鍛えるアンチエイジングに有効な手段のひとつです

 俳句作りは、脳を活性化させ、認知症の予防にもなると和田さんは言う。

 しかも今回紹介する怒りを吐き出す『悪態俳句』は、感情を刺激すること間違いなし。より老化を防いでくれるはずだ。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 0