0526
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
雑学・教養

【東京五輪】オリンピック憲章で禁止されているのに「ついやってしまっていること」

SNSでの感想
近代五輪の創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵の像
目次
  • 『オリンピック憲章』にある意外な一文
  • クーベルタンの名言の真意とは?

 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、開催が1年延期になり、今も賛否両論がある東京オリンピック。選手たちにとって、今回ほどモチベーションの維持が難しかったオリンピックは、過去に例がなかったのではないでしょうか? 

 しかし、それでもアスリートたちは鋼(はがね)の精神力でそれを乗り越え、毎日のようにメダル獲得のうれしいニュースが飛び込んでいます

 現在の日本の状況がどうあれ、選手たちにはなんの罪もありません。さまざまな意見があるのは承知のうえで、個人的には、選手たちにエールを送る日々です。

 そんななか、今回は『オリンピック憲章』を読んでみて知った、「どこの国でも普通にやっているのに、実はオリンピックではやってはいけないと決められていること」についてお話しします。

『オリンピック憲章』にある意外な一文

 そもそも『オリンピック憲章』って、なんでしょうか?

 ひと言で言えば、「IOC(国際オリンピック委員会)が定めた、近代オリンピックに関する規約」のこと。制定されたのは1925年で、その後、改定を繰り返して現在に至ります(最新版は2020年7月17日から有効のもの)。

 これには、オリンピックに関するありとあらゆること……例えば、根本原則開催地の決定方法大会の進め方報道や出版に関すること、さらに、オリンピックのモットー(「より速く、 より高く、 より強く」)や、オリンピックのシンボルマークについてなど、さまざまな事柄に関する決めごとが明文化されているのです。

 オリンピックを開催する都市は、この憲章にのっとって大会を開催、運営しなければならないわけですね。

 さて。私は昨年、一流アスリートたちの名言とエピソードに関する本を執筆しました。そのなかで、日本のマラソンの父と呼ばれる金栗四三(かなくりしそう)さん日本人女子初のメダリスト人見絹江(ひとみきぬえ)さん女子スポーツ界で初の国民栄誉賞を受賞した「Qちゃん」こと高橋尚子さんなど、特にオリンピックの出場者たちに関する原稿を書くにあたって、この『オリンピック憲章』に目を通しました。

 そのときです。憲章のなかにあった「ある一文」を目にして、「えっ、そうなの? やってはいけないって決められているの? それにしては……?」と思ったのです。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 0
うるうる 0
ほっこり 0
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 0